美容・コスメ- BEAUTY&COSMETICS -

オーガニックコスメは本当に肌に良い?知っておくべき注意点と危険性

皆さんは、オーガニックコスメを使ったことはありますか?

ここ数年ナチュラル思考の人が増え、日本でもたくさんのオーガニックコスメを見かけるようになりました。

オーガニックコスメと言うと、「科学合成成分を使わないため安全で肌にも優しい」というイメージがありますよね。

しかし実は、オーガニックコスメにも危険性や注意点がたくさんあるのです。

安易に「オーガニックコスメだから肌に優しいはず!」と思っていると、思わぬ落とし穴があるかもしれません。

今回は、オーガニックコスメの持つ注意点や危険性を知り、メリット・デメリットをきちんと確認してみましょう。

そもそもオーガニックコスメって何?

オーガニックコスメとは、「オーガニック=有機栽培された植物由来の成分」を使って作られた化粧品のことです。

もともとはヨーロッパから広まった化粧品ですが、オーガニックコスメという言葉自体は日本で作られました。

最近は「できるだけナチュラルなものを使いたい」自然派思考の人が増えたせいか、日本国内でもオーガニックコスメはかなり注目されています。

自然派、無添加などはオーガニックとは違うもの!

まず、よくある間違いが「無添加化粧品」と「オーガニック化粧品」を混同してしまうケースです。

この二つは全く別物であることをご存知ですか?

間違いやすい化粧品の宣伝文句に、「ナチュラル派」「無添加」「自然の恵みを凝縮」といったものがありますが、これらはオーガニックコスメとは全く違うものです。

オーガニックコスメの定義は、上記のように有機栽培された植物の成分を使ったもの。

一方、無添加コスメやナチュラルコスメの定義は以下のようになっています。

  • 無添加:旧指定成分(肌に負担が大きい、肌荒れのリスクが高いとして指定されていた成分)を使用していないコスメ
  • 自然派(ナチュラルやボタニカルとも):植物由来、または自然界に存在する成分を使ったコスメのこと。添加物は化学合成成分なので、無添加コスメと同じ部類

「無添加」「自然派」は科学合成成分も使われているし、食物由来成分も有機栽培のものではないということです。

違いをよく知らないとうっかり間違えてしまうので、オーガニックコスメを試してみたい時はよく確認してくださいね。

意外と知らないオーガニックコスメの危険性と注意点

th_d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

オーガニックコスメは肌にも自然にも優しいイメージがありますよね。

しかし実は、一般的な化粧品以上に扱いや使用には注意が必要です。

意外と知らないオーガニックコスメの危険性や、使う時の注意点を見てみましょう。

オーガニックコスメが肌に優しいとは限らない

オーガニックコスメのイメージというと、なんと言っても「肌に優しい」ことではないでしょうか。

実際に、オーガニックコスメを販売しているメーカーの紹介文などを見ても「肌に優しい、負担が小さい」と書かれていることが多いですよね。

確かに一部の刺激の強いケミカルな成分と比較すると、オーガニックな成分は刺激が小さく肌トラブルの危険性は低いです。

しかし、植物にも「植物毒」と呼ばれる毒性があります。

この「植物毒」は、食べる分には問題がなくても皮膚には刺激がある場合もあり、「食べられる植物由来の成分だから大丈夫」とは限りません。

オーガニックコスメだから化粧品が原因の肌トラブルが起こらないわけではないのです。

また、製品化の過程にもオーガニックならではの注意点があります。

通常の化粧品は植物エキスを抽出する過程で科学合成成分を使っていますが、オーガニックコスメは製品化の過程でも科学合成成分を使わない為、品質が不安定になりがちです。

同じ植物でも甘みや苦みに個体差があるように、オーガニック成分だとどうしても多少の差が出てしまいます。

成分が安定していないということは、植物毒や刺激になる成分が強く出てしまう製品になる可能性があるということです。

「オーガニックコスメだから肌に優しい」という考え方はしないようにしましょう。

使い方や保存方法には注意が必要!

オーガニックコスメはオーガニック成分や自然由来成分が多く、科学合成成分の防腐剤・保存料などを使っていないために使い方や保存方法には注意点が必要です。

使い方や保存方法は製品によって違いますが、保存料を徹底的に使わない製品だと、「保管は冷蔵庫」「使用期限は開封後1~3か月を厳守」など細かいルールがあります。

品質が変化しやすいため、決められている使用期限を無視して使い続けると肌荒れのリスクが高まるのです。

ちなみにケミカルコスメの場合は、保存料や防腐剤が入っているので常温で保存でき、開封から3か月以上たって使ってもあまり問題はありません。

私も以前オーガニックの洗顔石けんを使っていたことがあるのですが、使い始めてからしばらくたつと嫌なニオイがし始めて、その石けんを使うと刺激を感じたり肌荒れが目立つようになった経験があります。

こんなことにならないように、オーガニックコスメはケミカルコスメより繊細で管理や使い方に手間がかかる化粧品ということは覚えておきましょう。

実はオーガニックコスメの日本での定義は結構あやふや

日本でも大人気のオーガニックコスメですが、実は日本でのオガーニックコスメの定義はすごくあやふやです。

例えば、オーガニックコスメ先進国のヨーロッパやアメリカでは厳しい審査基準を設けた認定機関があり、品質や成分の基準をクリアした高品質のオーガニックコスメを簡単に見つけることができます。

しかし、日本ではオーガニックコスメの定義が法的に決まっておらず、オーガニック成分が一滴でも配合されていれば「これはオーガニックコスメです」と名乗れてしまうのが現状なのです。

高品質なオーガニックコスメを使いたいのであれば、以下のような認証機関や団体から認証を受けている化粧品を選ぶことをおすすめします。

世界各国のオーガニックコスメ認証機関

  • EU NaTrue(ネイトゥルー)
  • フランス ECOCERT(エコサート)
  • ドイツ BDIH
  • イタリア ICEA(イチェア)
  • オーストリア ACO(アコ)
  • スイス IMO
  • アメリカ USDA

特にヨーロッパ諸国はオーガニックコスメの先進国なだけあり、たくさんの認証機関があります。

中でも「エコサート」は国際的な有機認定機関として有名でオーガニック食品やコスメの世界基準とも言われている機関です。

オーガニックコスメを選ぶなら「エコサート」から認定されているものが良いとも言われています。

一方日本では、オーガニックコスメが出始めた頃、日本には民間の認証機関はありませんでした。

国内メーカーがオーガニックコスメの開発に乗り出したのをきっかけに、少しずつ日本国内のオーガニックコスメ認証期間も増えています。

日本の認証機関はまだ歴史が浅く実態がわからない機関もあるため、ここでは非営利団体のみをご紹介します。

日本国内のオーガニックコスメ認証機関

  • JOCA
  • JONA
  • JOCO*基準が厳しすぎたため認定できるコスメがなく一時休止中、2016年末より再開予定

こういった機関から認証を受けていれば高品質なオーガニックコスメという目安になります。

ただし、日本ではオーガニックコスメの法的なルールがないので、成分にこだわって選びたい場合はその機関がどんな審査基準を設けているかも確認してみてくださいね。

オーガニックコスメのメリット・デメリット

オーガニックコスメの注意点や危険性をご紹介してきましたが、オーガニックコスメならではの良いところも当然あります。

ここではオーガニックコスメのメリット・デメリットをご紹介します。

オーガニックコスメの4つのメリット

1. 肌が本来持っている美しさを引きだしてくれる

オーガニックコスメは自然の恵みとも言えるさまざまな自然由来の成分を配合した化粧品です。

ケミカルコスメと比べると効果の出方はゆるやかですが、その分じっくりと肌に働きかけて、肌が本来持っている健やかさや美しさを引きだしてくれます。

年齢や肌質相応の、ナチュラルな自分らしい美しさを求める方におすすめのコスメです。

2. ケミカル成分と比べると肌に優しい

オーガニックコスメは成分に対するアレルギーや植物毒などには気を付ける必要がありますが、基本的にはケミカルな成分よりも肌に優しいという性質を持っています。

化学合成成分は特定の効果に特化している分、肌への刺激が強かったり肌荒れを起こしてしまったりと副作用的な症状も表れやすいものです。

それに対して、オーガニックコスメは自然由来の成分を使用しているので、副作用的な症状が出にくいという特徴を持っています。

ただし、オーガニック成分でも肌への刺激が強いものもありますし、草むらを歩くだけで肌がかぶれてしまう方がいるように、オーガニックコスメでも肌質によって相性があります。

ケミカルコスメと同じように、自分の肌に合わないと感じた時は無理せず他の製品を試してみてくださいね。

3. アロマオイルの香りでリラックスできる

オーガニックコスメには、マッサージやアロマディフューザーにも使うアロマオイル(精油)が使われていることが多いです。

アロマオイルにはさまざまな美肌効果があると同時に、お花や草木の良い香りがするので、香りの癒し効果も期待できます。

香りは鼻からダイレクトに脳に伝わることがわかっており、好きな香りをかぐことで心身ともにリラックスできるのだそうです。

毎日のスキンケアがリラックスタイムになると思うと素敵ですよね。

4. オーガニックコスメは環境にも優しい

オーガニックコスメはできるだけ化学合成成分を排除されている上に、オーガニック成分の原料となる植物も科学肥料などを一切使わず作られたものばかり。

環境破壊の原因となる化学合成成分をほとんど含まれていないので、環境にとても優しい化粧品なのです。

オーガニックコスメの5つのデメリット

1. 値段が高くなりがち

オーガニックコスメは、原料となる植物の有機栽培に手間がかかる上に、抽出にも手間暇がかかります。

大量生産が難しくコストも高くなるため、どうしても製品の値段は高くなりがちです。

一般的な価格のケミカルコスメを使い続けてきた方からすると、「えっ、こんなに高いの?」と感じてしまうと思います。

2. オーガニックコスメの定義があいまいで、化学合成成分を使っている場合もある

上でも説明した通り、日本国内にはオーガニックコスメの法的なルールがなく、現時点ではオーガニック成分が一滴でも入っていればオーガニックコスメということになってしまいます。

つまり、オーガニックコスメと言っていても、成分を調べると化学合成成分をたくさん使っている商品もあるのです。

ケミカルな成分が肌に悪いというわけではありませんが、オーガニック成分にこだわるのであればきちんと調べて、こういった化粧品は避けた方が良いでしょう。

3. 「オーガニックコスメは肌に優しい」と過信しすぎない

オーガニックコスメが特別肌に優しく、ケミカルコスメの全てが肌に悪いというわけではありません。

どちらにしても自分の肌に合っていて使いやすいものを選ぶのがベスト!

オーガニックコスメでも肌に合わなくて肌荒れを起こしてしまうことはあります。

ケミカルコスメを使う時と同じように、自分の肌に合わなければ違うものを試したり、ケミカルコスメに自分に合うものがないか試すなどしてみましょう。

4. ケミカルコスメと比べると使用感が劣る

ケミカルコスメには使用感を良くするためにさまざまな化学合成成分が配合されていますが、オーガニックコスメはそういった添加物を排除した化粧品。

当然、ケミカルコスメと比較すると使用感は劣ります。

例えば、スキンケア後の肌のツルツル・スベスベの質感は、シリコンや合成ポリマーによって作られています。

化粧水の浸透が良いのも、ケミカル成分が水分の通り道を作ってくれるからというものも多く、初めてオーガニックコスメを使うと浸透に時間がかかるように感じることが多いです。

また、クリームの伸びが良いのも化学合成成分によるところが大きく、オーガニックコスメはテクスチャーが固く感じたり、なかなか肌の上で伸びていかなかったりしがちです。

時間をかけてハンドプレスをして化粧水を浸透させたり、クリームは手の平で温めてゆるくしてから塗るなどで対応できますが、ケミカルコスメでのお手入れより丁寧に時間をかけてスキンケアする必要があります。

5. 保存方法はちょっと手間がかかる

保存料や防腐剤も排除しているオーガニックコスメは、冷蔵庫での保存が必要だったり、使用期限が厳しく決められています。

常温保存でOKのケミカルコスメに慣れていると、オーガニックコスメの保存や管理の方法がちょっと面倒に感じがちです。

オーガニックコスメは安全という思い込みはダメ!自分に合ったものを選んで

いかがでしたでしょうか?

オーガニックコスメにはケミカルコスメにはないメリットがあると同時に、オーガニックコスメならではの危険性や注意点があります。

オーガニック成分で作られたオーガニックコスメだから安全・肌に優しいと思い込むのは危険です。

オーガニックにしろケミカルにしろ、宣伝を鵜呑みにせずに自分の肌に合うものを使うのが一番大切ということです。

オーガニックならではの良いところもたくさんあるので、興味がある方はトライアルセットなどを利用して実際のオーガニックコスメがどんなものなのか試してみてはいかがでしょうか?

Writer / ニヒラユウ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村