恋愛・結婚- LOVE&MARRIAGE -

ラブストーリーを観よう!恋愛映画のヒロインから学ぶ、男性が胸キュンする台詞

忙しい生活に追われて恋愛は随分ご無沙汰。

仕事も忙しいし、出会いもないし、なんだかもう恋愛は当分しなくていいや・・・

そんな20代~30代の女性が、最近増えてきているようです。

そこで今回は、そんな女性にオススメの「恋がしたい!」と思わず恋心を刺激されてしまう恋愛映画を5本ご紹介します!

ラブストーリーの中には、必ず魅力的なヒロインが登場します。

「どうせ物語の中だもの・・・」なんて言わずに、男性がつい胸キュンしちゃうセリフを、ヒロイン達から学んでみましょう。

1. 猟奇的な彼女

あらすじ

気が優しくどこかボーッとしている普通の大学生のキョヌが、泥酔状態の見知らぬ美女を助けたところから物語がはじまる。

悪戯をされそうになったと勘違いした彼女に、逆に殴るけるの暴行を受け、さらには留置所に拘留されてしまうキョヌ。

それから、我儘で凶暴な彼女に振り回される生活がはじまる。

嫌気がさしていたはずのキョヌだったが、彼女の正義感や愛らしさに惹かれ、そして彼女が胸に秘めた悲しい事実を知ったとき―――

恋心を刺激するセリフピックアップ

「ずっとそばにいてくれないのなら、ずっといないほうが、まだましなの」

我儘でまるで「暴君」のような彼女がヒロインですが、単なる我儘姫ではないのです。

例えば、援助交際をしようとしている少女とおじさんを発見し、臆することなく説教を始めたりします。

正義感が強く、そして真っ直ぐな性格です。

だからこそキョヌも、彼女を放っておけず、どれだけ殴られ蹴られ暴行を加えられても、思わず愛してしまったのでしょう。

しかし、普段どれだけ強い女性であったとしても、弱い部分はあります。

「ずっとそばにいてくれないのなら、ずっといないほうが、まだましなの」

思わずポロリとこぼす、弱音にも似た甘い我儘、胸キュンしない男性はいないはず!

時には弱音や我儘を言ってみるのも、いいかもしれませんよ?

2. 人のセックスを笑うな

あらすじ

19歳の美大生の「みるめ」は、39歳の美術講師「ユリ」に初恋をしている。

絵のモデルをするうちにユリと一線を越えてしまうみるめだったが、実はユリは既婚者だった。

不倫はダメだ!そう思ったみるめは、ユリと別れることを決意するのだが・・・

恋心を刺激するセリフピックアップ

「だって触ってみたかったんだもん」

過激なタイトルから、不倫のドロドロしたお話がイメージされるかもしれませんが、そんなことはありません。

あくまで爽やかに、年下男性のちょっと恥ずかしくなるような大人の女性への恋心を描いている作品。

そんな中でもとっても魅力的なのが、永作博美さん演じる年上女性のユリです。

いわゆる「アラサー・アラフォー世代」の成熟した大人の女性なのにも関わらず、悪びれる素振りもなくみるめに手を出した理由を告げる。

それが「だって触ってみたかったんだもん」というセリフです。

天真爛漫という言葉が似合う、無邪気さを持った女性です。

そんなギャップに、「年上なのに~~!それなのに~~!!」と、男性は弱いものです。

真似してみたいセリフ、ナンバーワンです!

3. ただ、君を愛してる。

あらすじ

誠人(玉木宏)に一目ぼれをした静流(宮崎あおい)は、親しくなりたい一心で彼の趣味であるカメラをはじめる。

けれど誠人には、密かに想いを寄せるみゆき(黒木メイサ)の存在があった。

それでも静流は誠人を想い、シャッターを押し続ける。

しかしある日を境に、静流は何も言わずに誠人の前から姿を消してしまう。

それには深い理由があって・・・

恋心を刺激するセリフピックアップ

「知らないからね。
後であの時抱いておけば良かったってきっと後悔するんだから。
絶対に誠人が後悔するようないい女になってみせるんだから!」

好きな人の想い人が自分ではない別の誰かだったとしても、それでも好き。

傍にいたいと思う。

そんな甘酸っぱい片思いの経験は、誰でもあると思います。

この映画は、すれ違いや切なさ、決して叶わない悲恋がつまったお話なのですが、観終わった後はなぜか温かな余韻に包まれます。

片思いでもいい、また恋がしたくなる。そんな映画です。

ヒロインの静流は、一見変わり者の女の子。

自由で、真っ直ぐに気持ちをぶつけます。

たとえ振られたとしても、明るく「いい女になってみせるんだから!」なんて言われたら・・・

男性は「ちょっと惜しいことをしたかもしれないな」と後悔しちゃうかもしれませんね。

そんな前向きな女性になりたいものです。

4. NANA

あらすじ

上京する日、たまたま同じ新幹線の隣の席になったナナ(中島美嘉)と奈々(宮崎あおい)は、運命的な出会いから親友になり、共に暮らすことになる。

ナナがボーカルを務めるロックバンド・ブラストのメンバーや、ナナの恋人の蓮(松田龍平)が所属するライバルバンド・トラネスのメンバーも加わって、それぞれの運命が大きく動き始める――

恋心を刺激するセリフピックアップ

「わざとだよ?」

矢沢あい原作の人気漫画「NANA」の実写版映画です。

青春あり、夢あり、恋あり、そして思い通りにはいかない、世知辛さあり――。

個性的なキャラがたくさん登場する作品ですが、そんな中で注目したいのが、奈々から恋人を寝取った大学生の幸子(サエコ)です。

どこにでもいるような普通の女の子で、腹黒さなんて微塵も感じられない純朴な雰囲気なのですが、わざと終電を逃したときに言い放つ衝撃的なセリフが、「わざとだよ?」です。

わざとなことを、あえて「わざとだよ?」と言っちゃう。

女性としては嫌悪感極まりないですが、こんなことを言われたら、男性は意識せざるを得ないでしょう。

そして、キュンキュンすること間違いなしです。

ぜひ略奪目的ではなく、純粋に好きな人相手に使ってみて下さい!

5. ロングバケーション

あらすじ

結婚式の当日、婚約者に逃げられた売れないアラサーモデルの南(山口智子)は、元婚約者とルームシェアをしていた年下の無名ピアニスト瀬名(木村拓哉)とひとつ屋根の下で暮らすことになる。

不安や悩みをいくつも抱えながら、ふたりはいつの間にか親友と呼べるような間柄に。

しかし、そんな関係はいつしか形を変えて・・・

恋心を刺激するセリフピックアップ

「何しに来た?・・・キス、しに来た」

こちらは映画ではなくテレビドラマです。出演者も豪華!

言わずと知れた名作なので懐かしく思う方も多いと思いますが、大人な女性にこそ、ぜひ見返して欲しいのです。

ヒロインの南が、「私もこんなふうになりたい!」と思わせる魅力的なアラサー女性を見せてくれます。

強く明るく前向きで、心なしか能天気。

夢を追いかけて生きてきたけれど、挫折することもたくさん。

いい友達だった年下の男の子・瀬名との一線を越える時に呟いたセリフが「キス、しに来た」です。

薄々気持ちを勘付かれている男友達や、ちっとも意識してくれない男友達に使いたいセリフ!

普段おちゃらけてばかりいる女性が、急に真顔でそんなことを言ったら・・・、誰だってドキリとします。

また、南が尊敬する職場の年上男性に言ったセリフがこちら。

「いつも私のこと南ちゃんって呼ぶじゃないですか。女の子になったみたいで、ホッとします」

こちらのセリフもぜひ、参考にして欲しいのです。

取り繕わずにポツリとこぼす大人の女性の本音に、男性は心揺さぶられるものです。

インターネットでの映画見放題がオススメ!

いかがでしたでしょうか。

恋がしたくなる!参考にしたくなる!そんなラブストーリーを紹介させていただきました。

お休みの日や、仕事から帰って一息つきたい時、ぼんやり眺めているだけで恋心を刺激してくれるはずです。

いろんな映画を観ることで、感受性も磨かれていくことでしょう。

DVDは、レンタルショップで借りてきても良いのですが、インターネット動画で観るのもおすすめです。

最後に、手軽に映画を楽しめるサイト&サービスをご紹介します。

Hulu

月額933円(税抜き)映画:1,000本以上、テレビ番組:10,000話以上
テレビ・BRレコーダー・パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機

U-NEXT

月額1,990円(税抜き) 映画ドラマアニメなど80,000本以上
テレビ・BRレコーダー・パソコン・スマートフォン・タブレット

TUTAYATV

月額980円(税抜き)で20本までレンタル 映画ドラマアニメなど3000種類
テレビレコーダー・スマートフォン・タブレット

Writer / 逢見るい にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村