美容・コスメ- BEAUTY&COSMETICS -

肌の美白・新陳代謝・アンチエイジングに!美容に効く栄養素5つと効果的な食べ物

美肌のために、あなたは何をしますか?

こだわりの基礎化粧品?テクニックを駆使したメイク?

今回ご紹介するのは、美容に効果のある食べて美肌をつくる方法です。

普段の食事で美肌づくりができたら最高ですよね。

肌トラブルを解消して美肌を整え、美容をサポートする栄養素5つと、それらが多く含まれる食べ物をご紹介します。

1. 美白に!ニキビ予防に!ビタミンCの抗酸化作用は美容の味方

ビタミンにはたくさんの種類があり、それぞれが体に有用な効果を持っています。

その中でも、美容との関わりが深いのが「ビタミンC」です。

実はビタミンCは、厚生労働省が認可した美白成分です。

紫外線を受けると、肌は自分を守ろうとして「メラニン」を作り、肌を黒くしますよね。

メラニンが作られる過程で「チロシナーゼ」という成分が働くのですが、ビタミンCはこのチロシナーゼの働きを邪魔することができるのです。

チロシナーゼが働かなければメラニンは作られないので、その結果、肌が黒くなったりシミを作るのを防ぐことができるのです。

ビタミンCは美白化粧品にもよく使われており、その時は安定しやすい「ビタミンC誘導体」という形になっています。

もうひとつ、ビタミンCはニキビ予防にも有効です!

ビタミンCの持つ抗酸化作用が、ニキビの発生を防いでくれるからです。

ちなみに、ビタミンCの抗酸化作用は、癌への対抗策としても期待されているほど強力なのですよ。

ビタミンCが多い食べ物

th_0bdb25361676955bd7c41b99e9da6202_s

ビタミンCが多く含まれる食べ物としては、パプリカがおすすめ。

ビタミンCと言うとレモンの印象が強いですが、パプリカにはレモンの倍近いビタミンCが含まれているのです。

2. 亜鉛は肌や髪の新陳代謝を助ける

「亜鉛」は新陳代謝に関わる栄養素です。

例えば、このような働きがあります。

  • 細胞を入れ替えるタンパク質の働きを助ける
  • 身長を伸ばす
  • 肌やツメの新陳代謝を助ける
  • 抜け毛を防ぐ
  • 女性ホルモンを生成する

肌のターンオーバーや女性ホルモンにも大きな影響を与える亜鉛、美容に欠かせない栄養素であることが分かりますよね。

亜鉛が多い食べ物

th_e98efc98a9fef61441e7be03775eee61_s

亜鉛が多く含まれている食べ物といえば海の幸「カキ」で、特に生で食べるのが効果的です。

その他に、豚のレバーやホヤにも多く含まれています。

「どれもクセがあって食べにくい」と感じる人は、パルメザンチーズや牛の肩肉はいかがでしょうか。

これらも亜鉛が多い食べ物です。

3. 肌の元となるタンパク質は必須栄養素

人間の体で最も多い割合を占めるのは水ですが、次に多いのが「タンパク質」です。

タンパク質は肌の主成分のひとつであり、これがなければ筋肉も肌もつくられません。

美肌成分の代名詞のような「コラーゲン」も、タンパク質の一種です。

タンパク質は肌の修復に欠かせない成分であると共に、骨を丈夫にしたり脳血管に起きる病気を予防したりと、体の内側にも作用します。

タンパク質が多い食べ物

タンパク質を含む食べ物というと、肉を思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし意外なことに、タンパク質は魚の方が多く含まれています。

特にしらす干しや丸干しにしたイワシ、イクラなどがタンパク質が豊富です

魚介類が苦手な人には、「牛すじ肉」がおすすめです!

牛すじ肉はそのままでは硬いので時間をかけてしっかり煮込んで調理します。

牛すじ肉は調理に少し手間がかかりますが、栄養価が豊富で牛肉の中ではローカロリー、おまけに値段も安い!という、メリットも多い食材です。

4. アトピーに悩んでいる人におすすめしたい「ビオチン」

「ビオチン」はビタミンB群に分類される成分のひとつです。

私たちの体はアミノ酸を利用して皮ふや髪の毛を生成していますが、それにはアミノ酸の代謝をサポートする「カルボキシラーゼ」という酵素が必要です。

このカルボキシラーゼの働きを手助けをしているのがビオチン。

美しい肌を作ったり髪を伸ばしたりするために、ビオチンは必要不可欠なのです。

また、ビオチンは肌の炎症を起こすヒスタミンを抑制するため、肌荒れやアトピー性皮膚炎の治療にも効果があると言われています。

ビオチンが多い食べ物

th_1465771969d084f1ce35dce1bef6ca43_s

ビオチンはレバー類に多く含まれます。

特に「鶏のレバー」には大量に含まれていますから、積極的にとっていきましょう。

レバーが苦手な人は、イワシなどから摂りましょう。

含有量は鶏レバーの10分の1程度ですが、卵黄にも含まれています。

ただ、ビオチンはよほど極端な生活をしていない限り、あまり不足する危険性はないとも言われています。

5. アンチエイジングに効果的なビタミンE

最後に「ビタミンE」についてご紹介しましょう。

「ビタミンE」はアンチエイジング効果の強い栄養素です。

40歳を迎えると体のなかに過酸化脂質が増えますが、ビタミンEはそれに対抗する力があります。

そのメカニズムはまだ解明されていないところもあるのですが、いつまでも若々しくいたい人にとってビタミンEは極めて有用な成分です。

ビタミンEは新陳代謝を活性化すると共に、血行を良くする効果があり、細胞の隅々に栄養や酸素を届けやすくしてくれます。

さらに、生殖機能を保つ効果もあると言われています。

ビタミンEは、ビタミンC・ビタミンAと合わせて「ビタミンACE(ビタミンエース)」と呼ばれ、一緒に摂取することで相乗効果が得られるのです。

ビタミンEが多い食べ物

ビタミンEが多い食べ物としては、アンコウの肝やすじこ、アユやイワシがあります。

また、ビタミンAは免疫力をアップさせる働きがあり、ニンジンに多く含まれます。

「ビタミンACE」を一緒に摂取するレシピとして、「鮎の野菜甘酢あんかけ」はいかがでしょうか。

カラっとあげた鮎の唐揚げに、炒めたパプリカとニンジンをあわせ、甘酢のあんで仕上げるのです。


いかがでしたでしょうか?

今回紹介した5つの栄養素は、肌を美しく、白く、若々しく保つために重要なものです。

これに、「脂質」なども含めてバランスのよい食事を心掛けていけば、自然に美肌をつくることができそうですね。

Writer / 鍋谷萌子 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村