美容・コスメ- BEAUTY&COSMETICS -

そのチーク似合ってる?30代に似合う大人チーク、のせる場所と形がポイント!

メイクに欠かせない「チーク」

チークは、色味はもちろん、のせ方ひとつで顔の印象を大きく左右します。

チョイスを間違えると、その日のメイクだけでなく全身のコーデが台無しに見えてしまうことも。

特にオトナ女子にとってチークは鬼門!

若い頃と同じチークでは、「若作り」や「やりすぎ」など、残念メイク認定されてしまうかも・・・

そこで今回は、オトナ女子のメイクのカギとなるチークテクニックをご紹介します。

今のメイクがなんだかしっくりこない人、年齢に合わせたチークにしたい人は必見です!

まずは基本のチークの入れ方をおさらい

th_makeup-484257_640

まずは、基本のチークの塗り方をおさらいしましょう。

流行を追ったチークの入れ方では、年齢に合わない不自然なメイクになってしまうかもしれません。

大きめのブラシでふんわり

少しずつ少しずつ重ねづけするのがチークの基本。

小さいブラシでは狭い範囲しかチークをのせられず、ムラになってしまいます。

大きめのブラシを使って、広範囲にふんわりとのせましょう。

手の甲で余分な粉をオフ

チークをブラシに取ってそのままお肌にのせるのは、つけすぎや色ムラのもと。

ブラシに粉を含ませたら、手の甲でブラシについた余分な粉を払ってから少しずつのせて。

チークブラシの毛先を使う

お肌に押し付けるようにブラシを使うのはNG!

ブラシの中に含まれた古いチークがお肌に擦り付けられてしまうので、つけすぎやムラの原因に。

毛先をほんの少しお肌に当てて、なでるように優しく重ねます。

「ちょっと薄すぎ?」くらいがベスト

鏡でお肌とにらめっこしながらチークをつけると、ついつい濃くなってしまいがち。

「ちょっと薄かったかな?」という程度で一度手を止めて、少し鏡から離れて位置の確認!

内側から上気したような自然な赤みを目指しましょう。

若作りに注意!オトナ女子が入れるべきチークの場所

10代、20代に流行ったメイクは、若いからこそ可愛いもので、同じメイクを30代がするのは不自然過ぎます。

オトナ女子にはオトナ女子に馴染むメイクがあるもの。

オトナ女子にベストなチークの位置と、顔の形別のチークの入れ方も知っておきましょう。

高めチーク信仰から卒業!「ちょっと低め」&「サイド寄り」がカギ

頬骨より上に入れると若く見えるものですが、本来その場所は頬の赤みがない場所。

無理に入れてしまうのは不自然に見え、オトナ女子の顔立ちには不向きです。

自然な赤みを作るためにも、頬骨の真上と小鼻の横を中心に、頬骨にそってふんわりとのせて。

th_th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-15-14-18

出典:locari

正面から見たときに、黒目の中心から外側に向けてふんわりといれると、自然な影ができて小顔効果も抜群です。

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-15-20-05

出典:pinterest

面長さんは“横長”を、丸顔さんは“斜め”を意識して

縦に長い「面長さん」は、チークの角度をつけると面長が目立ってしまいます。

横に視線を集めるよう、耳元から小鼻にむけて緩やかにチークを乗せて。

反対に、「丸顔さん」は少し縦を意識したチークを。

耳元から上唇の延長線上を意識してシャープな印象をつくります。

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-15-22-09

出典:pinterest

オトナ女性が避けるべきNGチークとは?

できるだけ若く見せたいのがオトナ女子の本音ですよね。

だからといって、10代20代に人気のチークは不自然で、人によってはオバサンぽさが余計に目立ってしまう危険も。

オトナ女子がやりがちな、「若作り」や「必死」な印象を与えてしまいやすいNGチークをご紹介します。

子供っぽすぎるまん丸チーク

可愛い印象に見せたくても、頬の中心にまん丸く入れるチークはオトナ女子には不向き!

まん丸チークはいわば赤ちゃんの頬をイメージしたもので、年齢を重ねたオトナ女子にはマッチしません。

いわゆる「子供オバサン」になってしまうので注意!

不自然な横長チーク

本来、私たちのお肌は横長に赤みが出ることはありません。

面長やシャープな顎などのコンプレックスを解消したくても、鼻筋の真横に横長の赤みがあると不自然に見えてしまいます。

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-15-30-43

出典:pinterest

青みピンクは卒業して

青みピンクのチークは、くすみのない10代のお肌には可愛いものです。

でも、シミやくすみが気になるオトナ女子のお肌には、残念ながら青みピンクは馴染みにくい色です。

「若く見られたい!」という無理矢理感が出てしまう危険があります。


いかがでしたでしょうか?

ついつい目元や口元のメイクに力を入れがちですが、顔全体の印象を左右するチークこそが、実はメイクのキモともいえます。

あなたの今のチークは自然ですか?

今一度、自分のチークを見直してみてくださいね。

また、チークをキレイにのせるには、その前のベースメイクも大切です。

以前ご紹介したベースメイクの必需品!コンシーラーの正しい使い方も是非ご覧ください!

Writer / コマツマヨ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村