恋愛・結婚- LOVE&MARRIAGE -

ホステスも使ってる?!男を虜にする「サ行」の会話術とは?

  • 「怒らせるつもりで言ったわけじゃないのに…」
  • 「褒めてるのに、褒めだと気付いてもらえない…」
  • 「どんなに魅力をアピールしても、彼に振り向いてもらえない…」

彼と距離をぐっと縮めたいのに、なかなか彼が心を開いてくれない時ありますよね。

思うように距離が縮まらないと焦って、色々なテクニックで彼を虜にしようと頑張る女性も多いでしょう。

しかし、残念なことに色々なテクニックを駆使すればするほど、男性は「狙われてる!」と危機感を抱き逃げ腰になってしまいます。

それは、男性が「狩る側」の生き物だから。

狩る側なのに獲物から狙われたら、ちょっと怖い…そんな恐怖心を与えないためにも、男心を虜にする基本の話術、「サ行」のテクニックをご紹介しましよう!

基本の「サ行」とは

基本の「サ行」とは、男性の心を開かせ、さらに虜にしてしまう褒めの「さ・し・す・せ・そ」のこと。

この「サ行」、実は芸者やホステスなど接客のプロも使っており、現在も効果的なテクニックとして愛されています。ご存知の方もいるかと思いますが、一度基本をおさらいしておきましょう。

さすが!の 「さ」

女性が想像する以上に、男性はプライドが高い生き物。

そして、男性の多くがそのプライドを保持するため、何かを収集したり、趣味に没頭したりするのです。

そんな彼らの心を鷲掴みするのが「さすが!」という褒め言葉。

特に興味はなくても、専門知識を持っている彼への最大の褒め言葉である「さすが!」を使うだけで、「自分を理解してくれる!そんな彼女にもっと褒めてもらいたい!」と彼を虜にすることができます。

知らなかった!の「し」

「~って知ってる?」と男性に聞かれた経験、よくありますよね。

それは、自分の知識や経験の深さをアピールしたいから。にも関わらず「あーそれ、知ってる!」と彼の話に水を差すのは、御法度

もし知っていても「んー聞いたことはあるけど、どういうのだっけ?」と彼に知識を披露する場を与えてあげましょう。

披露する場が与えられると、男性は優越感を抱くと同時に「心地良さ」を感じます。

つまり、あなたに色々なことを話したくなるということ。何かあれば、彼は真っ先にあなたに連絡してくるようになりますよ。

すごい!の「す」

「すごーい」と連呼する女性をたまに見かけますが、それは逆効果。

相手を褒める時は、努力した過程を知っている場合、または努力過程を教えてもらってから結果(話で言うオチ)に対し、「すごい!」と褒めるのがコツ。

そうすることで、「あなたの話をちゃんと聞いてるよ♪」と、あなたの聞き上手な一面を上手くアピールできます。

センス良い!の「せ」

プライドが高い男性ですが、実は想像以上に繊細な心の持ち主でもあります。

そんな彼らですから、自分の決断や選択に強い不安を抱く傾向があるのです。

それを知らずに「え?なんでそれにしたの?信じられない」「いや、普通は~でしょ。」なんて指摘しては、彼から自信を奪うだけ。

センスが悪い人に嘘をつく必要はありませんが、もし彼の”何か”が素敵だなと思ったら「それ、私好きだな。センス良いね。」とさらっと褒めるのがベスト!

そうなんだ!・そうだよね。の「そ」

女性に喜んでもらったり驚かれることは、男性にとって「自分の能力の高さ」を実感できる機会でもあります。

ただ相づちを打つのも良いですが、時には「そうなんだ!」と驚きを表現すると、彼はあなたと話をするのが楽しい!というイメージを持ちます。

また「コレ可愛い!」「可愛いよね!」と同性であっても、自分の同意に同意されることは嬉しいですよね。

同意する人が異性なら、嬉しさも倍になりますよね。しかも同意することで、「仲間意識」が芽生えるので、距離を縮めるには効果的な一言です。


いかがでしたか?
たったコレだけ。この「サ行」を使うだけで、彼の心を開くうえ「一緒にいたい女性」から「手放したくない女性」へとレベルアップできるのです。

ただし、サ行のオンパレードでは効果はないので、「ここぞ!」という時に使ってテクニックの効果を最大にしましょう!

Writer / 雪乃 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村