ライフスタイル- LIFE STYLE -

いざという時に大丈夫?大人だからこそ知っておきたい冠婚葬祭の常識【お葬式編】

新しい年が明けて、もうすぐ新成人を迎えると言う人も多いのではないでしょうか?

大人のマナーといえば、まず知っておきたいのが「冠婚葬祭」

なかでも、特に人として問われるのが「お葬式」にまつわる常識です。

不幸事はある日突然舞い込んでくるもの。正しいマナーを知らないでいると、急な事態に慌ててしまい、恥をかいたり失礼な行動を取ってしまうことにもなりかねません。

この機会に、大人として知っておくべきお葬式のマナーについて、しっかりと学んで置きませんか?

どっちがどう違うの?お通夜と告別式の違い

一般的なお葬式は、二日間にわたってお通夜と告別式がそれぞれ行われます。

お通夜とは、故人のごく近しい親類や知人が集まってじっくりと故人との別れを偲ぶ会。一方告別式は、故人が生前お世話になった人などお通夜よりもより公の儀式となります。

本来であればお通夜と告別式の両方に出席をするものですが、特に告別式は昼間に行われることもあり平日の場合は列席が難しい人も多いため、お通夜だけに出席するという場合も許されているよう。

メイクは?アクセサリーは?意外と知らないお葬式の正しい服装

お葬式に参加するときにまず気をつけたいのが服装のマナーです。

故人と最後のお別れをする大切な会で、遺族や関係者に不快感を与えるような服装は大人として非常識です。

故人の死を悼みご冥福を祈るためにも、正しい服装マナーを知っておきましょう。

喪服はどんなものがいいの?

喪服はフォーマルな黒のスーツやワンピースが基本。出来る限り肌の露出が少ない服装がマナーです。

スカートの丈はヒザが必ず隠れる程度のものを選び、胸ぐりが大きくあいたものやノースリーブのものは避けましょう。

上にはジャケットを重ねて着られるタイプであれば、季節や斎場の温度にある程度対応できるでしょう。

ストッキングは必ず黒のプレーンなものを着用し、靴は出来る限り装飾の少ない黒のものを使用するようにし、靴はエナメルなどの光沢のあるものやビジューの付いたものは避けベーシックなパンプスを。

ファー、ヒョウ柄など “殺生” を連想させるものはNGです。

ヘアメイクもできるだけシンプルを心がけ、華美なメイクは控えましょう。

アクセサリーや小物はどこまでOK?

ゴールドやカラフルなビジューつきの派手なものは基本的に全てNG。アクセサリーは極力外し、結婚指輪だけに留めるのがベスト。

ただし、“涙”をイメージするパールのネックレスのみ、弔事では着用を許されています。しかし、2連3連とネックレスが連なるものは避けた方がベター。

靴などと同じく、カバンもファーやヒョウ柄などの“殺生”をイメージするものは避けましょう。

黒のシンプルなハンドバッグかクラッチバッグを持ち、入りきらない荷物は小ぶりのトートなどを活用します。もちろん色は黒を使用しましょう。

ハンカチは白や黒の無地のものが理想。冬場は手袋などが必要になると思いますが、革製品は避け布製のものを使用すると良いでしょう。

袱紗(ふくさ)は絶対に必要?

社会人として、冠婚葬祭など公の場所で祝儀や香典を渡す際には必ず袱紗が必要です。

「ハンカチでもOK」と言われる場合もありますが、あくまでもそれは袱紗をうっかり忘れてしまった場合のみ。

色は黒でなくてもいいですが、紫や茶色など地味な色あいのものを使用します。白やベージュなど、明るい色のものは出来るだけ避けた方がよいでしょう。

お香典にまつわるマナー

お通夜や告別式の席では、まずはじめに向かうのが受付。そしてそこでお香典を渡します。

お香典の額は、故人や遺族との関係の深さや年齢などによって人ぞれぞれではありますが、一般的な額を目安に、付き合いの深さにあわせて包みましょう。

【目安額】

  • 上司、部下 … 5000円~10000円
  • 仕事関係 … 10000円
  • 祖父母 … 10000円~30000円
  • 叔父、叔母 … 10000円~30000円
  • 兄弟、姉妹 … 30000円~50000円
  • 友人、知人 … 10000円

※宗教やしきたりによって大きく変わります。

会場に着いたらまずは受付に向かいカバンの中から袱紗を取り出します。

受付の前でお香典を袱紗から出し、「この度は誠にご愁傷さまでございました。」「このたびは突然のことでお悔やみ申し上げます」などのお悔やみの言葉と一緒に渡しましょう。

きちんと覚えておきたいお焼香の作法

お葬式の席で一番困るのが、このお焼香ではないでしょうか。

宗教によってお葬式の方法は大きく違ういますが、今回は一番多いとされる仏式の作法をご紹介しましょう。

お焼香の際は、まず祭壇の横に並んでいる遺族と僧侶に一礼し、祭壇の前に立ち遺影に一礼し、焼香を指でつまんだら、目を閉じて目の高さまで上げてから香炉に静かに落とします。

基本的にはこれを3回繰り返しますが、参列者が多い場合は1回の場合もあるので指示に従います。

最後に遺影に一礼、そして遺族と僧侶に一礼をして席に戻ります。


いかがでしたか?
これから成人する人も、もちろんすでに成人している人も、大人としての常識を試される場は突然やってきます。

いざというときに慌てないためにも、きちんとしたマナーを心得ておきましょう。

Writer / コマツマヨ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村