ライフスタイル- LIFE STYLE -

部屋が片付けられない!部屋が汚くなる5つの原因と対策

年末あれだけ断捨離・大掃除したのに、1ヶ月経ったらもとの汚い部屋に戻ってる…なんてこと、あなたはなっていませんか?

  • 「忙しくてできない」
  • 「時間があればやれるのに」
  • 「気付いたら、汚くなってる…」

なんて言い訳しても、残念ながら部屋は綺麗にはなりません。

「もう汚部屋は卒業したい!」と思う方必見!
部屋が汚くなる原因と、綺麗をキープする方法をご紹介します。

部屋が汚くなる5つの原因と対策

原因1. 床に物を置く

気付いたら部屋が散らかっている…そのきっかけは、床に物を置いてしまうこと。

床に物を置いてしまった途端、「とりあえず床に置いておこう」という甘い気持ちが生まれ、どんどん足の踏み場をなくしてしまいます。

床に物を置かないこと!

特に自分が歩く場所や玄関先に物を置かない様気をつけましょう。

原因2. 物の定位置が決まっていない

床に物を置かなければ…とソファーやテーブルなど「とりあえず置き」していませんか?

脱ぎっぱなしの洋服が放置されている…なんて状況も、汚い部屋を作る原因です。

「物の定位置」を決めましょう!

鞄を置く場所、リモコンを置く場所…それぞれ物に帰る場所「定位置」を作ることで、散らかり放題になることはありません。

原因3. 物の定位置がぎゅうぎゅう

せっかく決めた定位置もぎゅうぎゅう詰めであれば、使用後に物をもとに戻すことができません。

そうなると「あとで片付けよう」「入らないから、とりあえず床に置こう」と面倒な気持ちが生まれ、物を片付ける行為を諦めてしまいます。

物の定位置に「余裕」を作る!

タンスや小物入れに隙間があると、どうしても埋めたくなってしまいますが、無理に埋めようとすると無駄遣いや使わない物が増えるだけ。

無理に詰め込もうとしたりせず、定位置に余白を作りましょう。すると、使った後に物を戻しやすくなりますよ。

原因4. 無駄な物が捨てられない

あなたの部屋の中に「いつか使うもの」はどれだけあるでしょうか?

汚部屋な女性に多いのが「いつか使う」「何かあった時に必要だと思う」と物を抱え込んでしまうこと。

しかし、実際それらのほとんどが1年以上、酷い時は5年以上使ったことがないものばかり。

なのに、新しい物を購入したりして物を増やしては、せっかく作った定位置の余白もすぐに埋まり、溢れてしまいます。

1年以上使っていないものは捨てる!いらない物はすぐ捨てる!寄付する!

そして、新しい物は「定位置内に余白ができるまで買わない!」と心に決めましょう。そうすることで、自然と無駄遣いも減りますよ。

原因5. まとめてやろうとする

「いらないものはリサイクルでお金に変えたいから、今度まとめてやろう」「週末にまとめて片付けよう」なんて考えていませんか?

まとめてやること自体は悪いことではありませんが、それを繰り返してばかりいると、「使った後、物を定位置に戻す」という簡単な行為が「あとでやろう。あとででいいや」としなくなってしまうことも。

思い立ったらすぐ行動!「あとで」なんて自分を甘やかさず、使ったら元に戻す!を身につけましょう。

またリサイクルに出すものは気付いた時にまとめて「○月○日までにリサイクルに出す!」と期限を設けるのがベスト。

もし期限を過ぎるようであれば、捨てることを自分に言い聞かせれば、「また今度」なんて甘えもなくなります。


いかがでしたか?
いつも部屋が汚くなってしまう人の多くが、汚くなる原因を把握していません。

「どうして部屋が汚くなるのか?」原因を理解し対策を作ることで汚部屋から脱出し、さらに綺麗な状態をキープできるようになります。

汚い部屋で困っているなら、ぜひこの5つを試してみて♪

Writer / 雪乃 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村