健康・ダイエット- HEALTH&DIET -

本当は怖い食品の裏側!栄養士が絶対口にしない体に悪い食べ物5つ

食べた物が体を作り、美肌や健康な体を作ってくれるため、美意識の高い女性こそ食べるものには気を付けているのではないでしょうか?

最近は健康食品ブームで、スーパーにも数多くの無農薬野菜やオーガニックフードが並んでいます。

しかし、逆効果になる不健康食品が広く出回っているのも事実。

知識をつけて賢く選択し、正しい食生活を続けていくことが大切です。

そこで今回は、食のプロ・栄養士が絶対に口にしない食品5つをご紹介します。

炭酸飲料水

ジュース コーラ

最近、体に良いとされる炭酸水。

しかし、その炭酸水が体に悪影響を及ぼしていたのは知っていましたか?

炭酸水の最大の魅力、それは口に入れた瞬間広がるシュワっと感!

実は、その感覚が甘みを感じにくくしているのです。

それでも私たちが炭酸飲料水を甘く感じるのは、大量の砂糖が入っているため。

例えば、コカ・コーラ500mlの中に含まれる砂糖は40g、角砂糖30個分です!

栄養士が推奨する一日の砂糖摂取量は8gのため、その量の多さは一目瞭然ですよね。

過剰な砂糖の摂取は、肥満や高血圧の原因。

また、体の老化を一気に進めることになり、肌は老い体は疲れやすくなります。

まさに炭酸飲料水は女性の敵とも呼ぶべき、不健康ドリンクなのです。

加工された肉

ソーセージ

「加工食品はおいしくて、便利!」

体に悪くても、ついつい手が伸びてしまう…そんな人多くありませんか?

加工食品が体に悪い原因は “おいしさ”

誰が食べてもおいしいと感じるように、食品添加物を大量に使用しているのです。

なかでも、加工肉のハムやソーセージは、女性の体に最大の悪影響を及ぼします。

加工肉に使用される家畜の牛や豚などの動物は、成長の過程で成長ホルモンの注射や遺伝子組み換えが行われます。

通常の肉にも注射は行いますが、その量は加工肉のほうがはるかに多いのです。

さらに加工の工程で保存料や着色料が加えられ、お肉は薬品の塊に…!

それを私たちが口にすることで、発ガンや動脈硬化を引き起こしやすくなるのです。

また、成長ホルモンを受けた動物の肉を女性が食べることで、女性ホルモンの異常や生殖器官の病気を引き起こすリスクも高まります。

サラミ、ソーセージ、生ハム、ベーコンなど加工済みの肉は控えるようにしましょう。

自宅で作るポップコーン

ポップコーン

自宅で映画鑑賞を楽しむ時に欠かせないのがポップコーン。

袋に入れて、レンジにかけるとできたてのポップコーンを作ることができます。

そのポップコーン袋の内側に、何が使われているか知っていますか?

袋の内側には、化学物質の「ペルフルオロオクタン酸」が使われているのです。

この物質を使うと、コーンが袋の内側に張り付くのを防ぎ、焦がさずポップコーンを作ることができます。

しかし、このペルフルオロオクタン酸は人工物のため、自然界では分解することができないのです。

つまり、人間が摂取すると分解されず、体内に蓄積されて免疫力低下の原因になるとされています。

電子レンジでポップコーンを調理すると、化学物質が溶け出しポップコーンに染みつきます。

それを知らずに、私たちはおいしく食べているのです。

マーガリン

マーガリン

皆さんの自宅にあるサラダ油。

そのサラダ油とマーガリンの原材料は同じ植物性の油です。

体にとって非常に悪い成分を含むと言われているマーガリンですが、普段気にせず使っているサラダ油もまた同じなのです。

しかし、昔はマーガリンなどは体に良いとされていました。

それが、体に悪いとされたのはごく最近のこと。

今と昔のマーガリンなどの植物性油の違いは “加工方法” にあるのです。

現在、多くのスーパーで販売されている植物性の油は、「溶剤抽出法」をとっています。

過熱をすることで、効率よく、また特有の臭いを取り除くことができるのです。

この際に、液体の油を個体にするための水素も加えられます。

そのため、植物性油にもともと含まれているシス型脂肪酸が変化し、トランス型脂肪酸になるのです。

このトランス型脂肪酸が悪玉コレステロールを増やしたり、心臓病やホルモンバランスを崩すリスクを高めます。

安い油のほとんどはこの溶剤抽出法を使用しています。

油を選ぶ際には、製造方法に注意して選ぶようにしましょう。

無脂肪食品

牛乳

“無脂肪” “0カロリー” などとうたわれた食品を選ぶと、なんだか健康な気分になるのは、「脂肪=不健康」というイメージがあるから。

しかし実際のところ、必要以上に加工された無脂肪食品こそが害なのです。

実は、無脂肪食品や0カロリーの食品というのは脂肪を取り除くため、非常に不味い。

そこで、化学調味料を加え、本来の味に近づけているのです。

自然からとれる貴重な脂肪は、体にとって必要な栄養素。

どれほど優秀な人工食品でも自然食品には勝てません。

ダイエットのため無脂肪食品を摂取すると、体重増加、高血圧、心臓病やガンなどのリスクを高める結果となります。

ダイエットに必要なのは無脂肪や0カロリーではありません。

自然が生み出す栄養をバランスよく摂取することが、正しく綺麗に痩せる秘訣なのです。


以上、今回は食のプロ・栄養士が絶対に食べない食品5つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ジャンクフードやスナック菓子などは健康に良くないため避けている人も、意外と5つの食品は口にしてしまっていることもあるかもしれませんね。

特に無脂肪食品などは、ダイエットを心がけている女性ほど選びがちです。

巧みな言い回しや錯乱する情報によって、一見健康的に見えますが、ひも解いていくと実は不健康の元。

“本当に価値あるもの” かどうか見極められる、賢い消費者になりましょう。

今日食べる一つ一つの食品があなたの体を作っています。

健康で美しくなりたいと望む女性は、耳にした情報を鵜呑みにせず、正しい選択をしていきましょう。

参考:8 Foods Nutritionists Won’t Eat

Writer / ELIE INOUE にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村