恋愛・結婚- LOVE&MARRIAGE -

いつも喧嘩ばかり!何度も繰り返す恋人とのケンカを終わらせる5つの対処法

カップルや夫婦、それぞれにルールがあり抱える悩みがあります。

愛の形も違えば、ケンカの仕方も違うもの。

全くケンカをしない二人もいれば、ケンカを何度しても縁が切れない二人もいます。

「ケンカするほど仲が良い」ともいわれるように、ケンカすること自体は悪いことではないかもしれません。

しかし、何度も何度も同じケンカをして、その都度別れの危機に陥っていては意味がありません。

ケンカをする目的は、分かり合うことであったり、本音をぶつけ合うこと。

別々に育った二人が一緒にいると食い違いが起きるのは当たり前!

その時にどのように対処でき、二人がどう乗り越えるかが重要になってくるのです。

そこで今回は、何度も繰り返すケンカに終止符を打つ5つの対処法をご紹介します。

1. 事実にこだわり過ぎない

ケンカを繰り返してしまう原因の一つに “事実にこだわり過ぎる” という点が挙げられます。

冷静になって論理的に考えれば寛容になれるものの、事実にこだわり過ぎるあまり、どちらが正しいかというケンカの勝敗をつけたくなるのです。

事実だけを見ていると、それまでの経緯や相手の言い分に耳を貸すことができず、感情的になりモラルが欠如していきます。

そのようなケンカの場合、たとえ一度熱りが冷めてもまた同じことでケンカしてしまうのです。

事実は二の次にして、まずはお互いの結論のみを導き合いましょう。

その後に、その結論に達した理由や信念を補完するように説明していくと相手の意見も受け入れやすくなります。

2. 自分の意見に自信を持とう

ケンカの原因が何であろうと、自信のある態度を相手に見せなければあなたの意見に説得力はありません。

時折人は「自分の方が賢明である」という態度を見せようとして相手よりも優位に立とうとします。

そうすることで、単に意見を述べるよりも人々はあなたの意見に耳を傾ける可能性が高いのです。

ケンカは事実だけを解明すれば終わるわけではなく、感情的にも納得しなければお互いモヤモヤが残ったまま、何度もケンカを繰り返してしまいます。

まずは、自分の意見に自信を持ち、相手に聞いてもらえる態勢を築きましょう。

そのためには、しっかりと自分の意見を支える理由をつけるのを忘れずに。

3. 傲慢な態度を辞め、相手の意見を受け入れよう

“2” では自信たっぷりな態度が必要と述べましたが、傲慢な態度は御法度です。

「絶対に私が正しい!」という傲慢さは、結果的にあなたが正しかったとしても受け入れられにくくなってしまうからです。

自信と傲慢の違いは、 “他人を見下す気持ち” 。

相手の意見を尊重し、受け入れることが傲慢な態度にならないコツです。

相手の意見を配慮したうえで、自分の意見をしっかり言いましょう。

一度、あなたが相手を受け入れることで相手も寛容になり、よりあなたの意見を聞いてくれます

傲慢さを捨てること、これがケンカを解決する第一歩です。

4. 「みんな私に賛成する」は効果的

二人の間に起こる問題は二人で解決しなければいけません。

しかし、繰り返してしまうケンカの場合、お互いが意地になり過ぎている要因も考えられるため、 “第三者の意見” が効果的になることがあります。

また、単純に第三者の意見を加えただけで男性はひるんでしまうこともあるのです。

女性よりも論理的に脳が働く男性は、第三者の意見に耳を傾ける可能性があります。

どんなケンカにも適応できる、というわけではありませんが、いざとなったら「みんな私に賛成する」の一言を発してみると良い方向へいくこともあるでしょう。

「みんな」の部分を具体的に知人の名前を入れると、より説得力が増します


以上、今回は何度も繰り返すケンカに終止符を打つ方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

何度も繰り返すケンカが終焉を迎え、二人がより深く分かり合えるような関係になれれば、それは “理想的なケンカ” といえるでしょう。

逆に、結局行く末が見えずケンカを繰り返してしまい、二人にとってお互いの関係がプラスに働かないのであれば、この際 “別れ” という選択肢もケンカを終わらせる手段の一つです。

結果がどう転ぼうと、ケンカできる相手がいるというのは幸せなことです。

みなさんの恋人との関係が、より良い方向へ向かうことを願っています。

参考:http://magazine.foxnews.com/

Writer / ELIE INOUE にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村