美容・コスメ- BEAUTY&COSMETICS -

オイリー肌なのに内側はカサカサ!?インナードライ肌の原因と改善方法

「いつも顔がベタベタしている」「テカっているのに肌が乾燥する…」そんな “インナードライ肌” の女性が増えています。

インナードライ肌は、いわゆるお肌の内側の潤いが足りていない状態のこと。

肌が乾燥しているにもかかわらず皮脂が過剰に分泌してしまうため、オイリー肌(脂性肌)だと勘違いしたり、インナードライ肌を悪化させてしまう間違った対策を取ってしまう人も。

放っておくと、やがてシミやシワなどの老化現象や肌荒れ、ニキビの原因となってしまうので、きちんとした知識と対策が必要です。

そこで今回は、乾燥が気になるこの季節に気をつけたい「インナードライ肌」についてお話ししたいと思います。

インナードライ肌とは表面はテカっているのに、肌の内側が乾燥している状態

皮脂が多く分泌されていつもベタベタしたお肌なのに洗顔後はお肌がつっぱってしまったり、部分的にカサカサしたり…。

こういった一見潤った肌でも、内側がカラカラな状態のお肌は “インナードライ肌” の可能性があります。

私たちのお肌は常に皮脂によって適度に潤いを保ち、外の刺激からお肌を守っています。

しかし、なんらかの原因によってお肌の表面が乾燥してしまうと、お肌が危険を感じ過剰に皮脂を分泌してお肌を守ろうとしてしまいます。

これがインナードライ肌を引き起こす原因となってしまうのです。

インナードライ肌になっちゃう原因はこんなところにあった!

インナードライと一言で言っても、その原因は様々です。

しかし、多くの場合は、日常生活や間違ったスキンケアの方法などがインナードライ肌の原因です。

見た目だけでは自分が「オイリー肌」なのか「インナードライ肌」なのか判断できません。

自分がインナードライ肌か見極めるためには、普段の生活をよく見直す必要があります。

毎日行っている習慣の中に、インナードライ肌になってしまいやすい原因がないかチェックしてみましょう。

スキンケアが間違っている

「皮脂が多くてベタベタするからオイリー肌だ!」とインナードライ肌の人の中には、自分をオイリー肌(脂性肌)だと思い込んで間違ったスキンケアを行っている人も多いもの。

皮脂を抑えるために、さっぱりタイプのスキンケアを行ったり保湿を怠ったりすることによって、インナードライがどんどん加速してしまうのです。

どれだけしっかり洗顔をしても、皮脂が分泌される場合はインナードライ肌の可能性を疑ってみましょう。

過剰な皮脂対策がテカリの原因に!

皮脂が出るからといって何度も脂取り紙で皮脂をオフしたり、皮脂対策の下地を使うなどをしていませんか?

その過剰な皮脂対策がインナードライを加速させる原因になることも。

皮脂をたくさん分泌してしまうのは、必要最低限の皮脂まで奪われ、お肌が潤いを足りていないと感じているから。

それにもかかわらず、一生懸命に皮脂対策を行ってしまうと、お肌が危機感を感じてさらに皮脂を分泌させてしまうのです。

エアコンによる乾燥もインナードライ肌の原因に

オフィスや電車の中など、暖房によって乾燥している室内にいることで、お肌の表面だけでなく内側まで乾燥してしまう原因に。

一日の間でどれくらいの時間、乾燥した室内で過ごしているのか見返してみましょう。

適度な湿度でお肌表面に潤いを与えることで、過剰な皮脂分泌を抑えることができます。

内側から潤ったお肌に!トラブルを回避するインナードライ肌の改善方法とは?

インナードライ肌を改善するには、お肌の奥に潤いをしっかりと届けることが大切。

特に気をつけたいのが、いつものスキンケア方法。

ほんの少しのポイントに気をつけるだけで、インナードライ肌を解消して女子力アップすることができますよ!

肌の奥に潤いを届けるスキンケアを

潤いを与えるには乳液やクリームなどの「油分」のイメージが強いものです。

しかし、お肌の奥の水分が十分でないインナードライ肌では、いくら油分を与えたところで乾燥状態を改善することはできません。

インナードライ肌の改善策としてまず行いたいのは、水分をお肌の奥まで届けること。

そのため、肌に油分を与えるよりも、水分を奥まで届けて閉じ込めることを意識して。

化粧水はいつもの倍の量を使用し、倍の時間をかけて丁寧にハンドプッシュ。

肌表面に水分が載っている状態ではまだまだお肌の奥には届いていません。

何度もゆっくりとお肌に押し込め、皮膚がもっちりと手に吸い付くようになるまでまんべんなく顔全体に水分を与えましょう。

最後に、適量のクリームや乳液でフタすれば完了です。

熱いお湯での洗顔はNG

本来私たちのお肌を守るために必要な皮脂は、高温のお湯を使用することで溶けて流れてしまう危険があります。

お肌を覆っていた皮脂がなくなったお肌は、毛穴からお肌の奥の水分がみるみる蒸発してやがて砂漠のような状態に。

クレンジングや洗顔の際は必ず40度以下のぬるま湯を使用し、必要な皮脂を洗い流さないように注意して。

ミスト化粧水の使用は控えて

「日中、お肌の乾燥を防ぐために効果的!」と言われているミスト状の化粧水ですが、実は乾燥の原因にもなりかねない危険なアイテム。

ミスト化粧水でお肌に水分を与えると、毛穴が開いてお肌の内側の水分までも蒸発してしまう可能性があります。

化粧水はあくまでも化粧水。水分を与える効果はあっても、その水分を留まらせる役割はありません。

必ず乳液や保湿下地などを併用し、化粧水をつけたまま放置しないように注意して。


インナードライ肌は、気づかないうちに起こるもの。

自分でもなかなか気づきにくいので、普段のスキンケアや習慣に注意することが大切です。

「お肌の調子が良くない」「なんだか不安定だな」と感じるならインナードライ肌のサインかも。

お肌の乾燥を悪化させ女子力を維持するためにも、正しいケアを行ってくださいね。

Writer / コマツマヨ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村