ライフスタイル- LIFE STYLE -

頭痛、だるい、めまいの症状を引き起こす「気象病」の原因と対策

天気が悪い時はなんだか眠気が取れず体がだるかったり、頭痛やめまいでふらふらしてしまうことはありませんか?

女性は貧血や低血圧の方が多く、こういった症状に悩まされることも珍しくはないのですが、血液検査や健康診断で特に異常がないと言われてもこんな症状が出るなら ”気象病(天気病)” と呼ばれる不調が原因かもしれません。

今回は、体調が天候に左右されてしまう「気象病」について原因や対処法を詳しくご紹介します!

「気象病」は低気圧のせいで体調が悪くなること

気象病とは、気圧や気温の変化によって起こるさまざまな体調不良のことです。

具体的には以下のようなトラブルが起こります。

気象病の症状

  • 頭痛(主に片頭痛)
  • だるさ(倦怠感)
  • やる気が出ない
  • 不安感や恐怖などネガティブな気持ちが強くなる
  • 眠気
  • めまい、ふらつき
  • 消化不良や便秘など胃腸のトラブル
  • 手足のむくみがひどくなる
  • 関節の痛み、肩こり
  • ぜんそく

主に低気圧の時にこういった症状が起こりますが、中には高気圧の時や、その両方で気圧の変化を敏感に察知して体調が悪化する方もいます。

天気が悪い時に頭痛がしたり、体がだるくなったりするのは気象病のせいかもしれません。

頭痛のみ起こる場合、”低気圧性頭痛” と呼ばれることもあります。

目に見えない気圧の変化が原因で体調が悪くなることや、だるさや眠気だけが現れるケースもあり、「体調が悪い」と言ってもなかなか理解されなかったり、ただ怠けているだけに見えてしまいがちな面もあります。

気象病の方の中には、誰にも体調が悪いのを理解してもらえず、悩んでうつ病にまで発展してしまう方も少なくありません。

気圧の変化でどうして体調が悪くなるの?

天候が変わるたびに体調がおかしくなる経験はなくても、季節の変わり目に風邪をひきやすくなったり、なんとなく体調を崩した経験のある方は多いのではないでしょうか?

そういった症状も気象病の一つと考えられています。

気圧や気温の変化でどうして体調が悪くなるのか?そのメカニズムを見てみましょう。

1日のうちの気温の高低差が大きい

日中は気温が上昇し暖かくて、朝晩が冷えるのは当たり前ですが、その気温差があまりにひどいと、体が気温についていけなくなります。

例えば、寒いところから暖かい部屋に入ったり、体が冷えている時に暖かいものを飲食して、急に鼻水が出てきた経験はありませんか?

これも急激な気温差に体がついていかなくて起こるトラブルの一つです。

人間の体は急に切り替えができるほど高性能ではなく、少しずつ気温や気圧、気候の変化に対応していくしかありません。

対応にかかる時間は人それぞれで、体質や体調に大きく左右されるので、季節の変わり目に風邪を引きやすい人とそうでない人がいるのです。

気圧の変化が血管を膨張させる

気圧の変化は血圧に深く関係しています。

山の上に持って行ったスナック菓子の袋が、パンパンに膨れ上がっている画像を見たことがある方は多いですよね。

実は、低気圧の時は私達の体の中にある血管やリンパも、あのスナック菓子のように膨張して、血流が良くなって血圧が下がります。

そう言われるとなんだか健康に良いような気がしますが、頭の中にある血管が膨張すると頭蓋骨や脳を圧迫して片頭痛を起こし、血圧が下がり過ぎるとめまいやだるさの原因になります。

自律神経のバランスが取れなくなる

自律神経とは、集中状態を司る交感神経とリラックス状態を司る副交感神経の2つを切り替えて、内臓や血流など体の中のさまざまな働きのバランスを取っている器官です。

通常は、特に何もしなくても気候に合わせて自律神経が勝手にちょうどいい状態に切り替わってくれます。

しかし、天気が悪く薄暗いままだと朝が来たと認識できなくて、いつまでもリラックス状態が続いて体が重く感じたり、内臓も眠ったままで動きが悪くなってしまいます。

また、気圧の変化によって血管が膨張して血圧が下がると強制的にリラックス状態になり、体に力が入らなかったり、なかなか集中できないといった症状につながります。

こういった気象病の症状は、元々の体質によるものが大きいと考えられています。

また、ストレスやホルモンバランスの乱れから自律神経がおかしくなっている時も、気圧の変化を受けやすいのが特徴です。

女性は生理周期でホルモンバランスがころころと変わるため、自律神経が影響を受けやすく、気象病の患者さんも女性の方が圧倒的に多いと言われています。

気象病で辛い時の過ごし方や対策・対処法は?

生活習慣や日ごろの過ごし方が原因の不調ならいくらでも改善方法はありますが、天候が原因となるとどうやって対処したらいいかわかりませんよね。

ここでは気象病の体調不良が辛い時の対処法をご紹介します。

ストレスをためない

気象病のさまざまな症状の一つである自律神経は、ストレスにとても弱い器官です。

普段からこまめにストレスを発散して、自律神経が乱れないようにしておきましょう。

就寝前に必ずお風呂につかると自律神経を整える効果があります。

適度な運動をする

ちょっとだるいという時は、散歩やストレッチなど軽い運動をしてみるのがおすすめです。

体を動かすと血圧が上がり、交感神経のスイッチが入って、気象病の症状が軽くなります。

また、普段動かしたり伸ばすことのない筋肉や関節をほぐすことができるので、関節痛予防にもつながります。

普段からよく眠る、太陽の光を浴びる

起床

体調が悪い時は自律神経の働きも低下し、気圧や気温の変化を受けやすくなります。

普段からしっかり睡眠時間を取って体をきちんと休めてあげましょう。

また、太陽の光は「これから1日が始まるぞ!」と体に教える効果があり、交感神経のスイッチを入れてだるさや眠気を吹き飛ばしてくれます。

朝目覚めたらカーテンを開けて存分に日の光を浴びましょう。

気圧がいつ変わるか調べておく

気圧の変化はインターネットやアプリで確認できます。

急に体調が悪くなると不安になってしまいますが、予め気圧の変化を知っておけば「この日は気圧が大きく変化するから大事な予定は避けよう」などと心の準備をしておくことができます。

片頭痛や胃痛などが起こりやすい人は、気圧が変化する少し前に薬を飲んで予防することもできるので、気圧の変化を調べておくのはすごくおすすめです。

私も気圧の変化に体調が左右されやすいのですが、”頭痛ーる” というアプリを使って気圧の変化がわかるようになってからずいぶん楽になりました。

自分が住んでいる地域の気圧の変化や天気を一目で確認できるので、天候に体調がされやすい方はこんな便利アプリを活用してみてはいかがでしょうか?

頭痛ーるAndroid版ダウンロードページ 
頭痛ーるiPhone版ダウンロードページ

動かなくて良い時は動かない!

気象病による体調不良は低血圧や自律神経の乱れが原因です。

横になっていると楽なことが多いので、何も予定がなければ横になってのんびり過ごすのが一番です。


頭痛やだるさを引き起こす気象病について色々とご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

天気が悪くなると体調が悪くなるという方は、ここでご紹介したような対処法をぜひ試してみてくださいね。

Writer / ニヒラユウ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村