美容・コスメ- BEAUTY&COSMETICS -

ダブル洗顔は不要?必要?クレンジング後の洗顔に意味はあるの?

“ダブル洗顔” とは、「クレンジング剤でメイクを落としてから洗顔料で顔を洗う」という意味です。

続けて2回洗顔するのでダブル洗顔と言われています。

メイクをする女性の多くが当たり前のようにしているダブル洗顔ですが、どうして2回も洗顔するのか不思議に思ったことはありませんか?

また、「ダブル洗顔はしない方が良い」という意見もあれば、「ダブル洗顔しないとダメ!」という意見もあり、ダブル洗顔不要のクレンジング剤や洗顔料もたくさん販売されています。

色々な意見や製品があると、一体何を信じて何を選べば肌にいいのか分からなくなってしまいますよね。

今回は女性にとって避けては通れない「ダブル洗顔は必要なのか?不要なのか?」という問題について、どちらがいいのか徹底的に調べてみました!

ダブル洗顔はどうして必要なの?

そもそも、どうしてダブル洗顔が必要なんでしょうか?

仕事でくたくたになって帰宅して、クレンジングをしてから洗顔するなんてものすごく面倒くさいですよね。

でも、クレンジング剤の多くは「クレンジングの後に洗顔料で顔を洗うこと」をおすすめしています。

まずはその理由から見ていってみましょう。

クレンジングと洗顔料は落とせる汚れが違う

クレンジングの役割は、ファンデーションやマスカラなどのメイクを落とすことです。

メイクにはたくさんの油が使われているため、洗顔料だけでは落としきれないので、クレンジング剤が必要なのです。

油性ペンで書いた文字や絵が、水や普通の石けんで落ちないのと同じ原理です。

汗、皮脂、古い角質、空気中のチリやホコリなどは水性の汚れなので、洗顔料や水またはお湯でも十分に落とせます。

メイクをしていない時や朝の洗顔にはクレンジングが必要ありません。

ダブル洗顔しないと肌がきれいにならない

上の説明から、メイクを落とすためにクレンジングが必要な理由はお分かりいただけたと思います。

頑固なメイク汚れも落とせるクレンジング剤なら、水性の汚れである汗や皮脂もすっきり落としてくれそうな気がしますよね?

でも、実はそうではないのです。

油性のメイクと水性の汗・皮脂を落とす成分は全く違うものなので、クレンジング剤だけだと汗、皮脂、角質まで落とすことはできません。

さらに、クレンジングの原理はオイルとメイクをなじませて肌から浮かせて、水と油分を中和させて肌から落とすというもの。

クレンジング剤にオイルがよく使われているのはこういった理由があるからです。

水と油分を混ぜ合わせるために界面活性剤が配合されていますが、それでも完全にクレンジング剤のオイルを落としきるのは難しいとされています。

肌に残ったクレンジング剤と汗や皮脂などの水性の汚れを落とすために、ダブル洗顔は欠かせないのです。

ダブル洗顔をしないのは肌トラブルの原因になる

「ダブル洗顔をすると肌の負担になるからしない方がいい」とも言われていますが、ダブル洗顔不要と書かれているもの以外はクレンジングの後に洗顔しないと肌トラブルの原因になります。

なぜかというと、上でも書いたように、ダブル洗顔しないとクレンジング剤が肌に残ったままになってしまうからです。

そのままにしておくと、クレンジング剤に含まれるオイルの酸化や皮脂を奪う界面活性剤が肌に負担をかけて、ニキビ、シワ、シミ、炎症(ヒリヒリや赤み)、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こします。

ダブル洗顔不要の製品の方が肌に負担になる!?

ダブル洗顔不要クレンジングジェル

商品紹介:skinvill

基本的にはダブル洗顔をするのが前提ですが、ダブル洗顔不要のクレンジングジェルや、化粧落としの効果がある洗顔料もたくさん売られています。

ダブル洗顔が面倒なズボラ女子や、毎日忙しくて少しでも時短をしたい女性にとってすごくありがたいアイテムですよね。

ダブル洗顔不要のクレンジングなどは「ダブル洗顔が必要ないから、皮脂を奪いすぎることがなくて肌に優しい」という売り文句が付いていることもあります。

しかし実は、ダブル洗顔不要のクレンジング剤の方が、肌に負担をかけていることは知っていますか?

ダブル洗顔不要ということは、1つのアイテムにメイクを落とす洗浄成分と汗・皮脂を落とす洗浄成分の2つの洗浄成分が配合されているということです。

そのため、どうしてもクレンジングと洗顔料を単体で使うより洗浄力が強くなりすぎてしまい、皮脂が奪われすぎたり肌の負担になりやすいのです。

もちろん全てのダブル洗顔不要のアイテムがそうというわけではないですし、肌に合うかどうかは敏感肌や乾燥肌など、個人によって差が大きいので実際に使ってみないとわかりません。

ただ、傾向としてはダブル洗顔不要の方が洗浄力が強く、肌の負担になりやすいということは覚えておきましょう。

こちらのジェルタイプのダブル洗顔・化粧水不要!ホットクレンジングジェル【skinvill】が雑誌等で話題になっています。
保湿成分たっぷり!お肌の潤いキープ!【温感効果】で毛穴汚れはスッキリ取り除く新感覚、美容ホットクレンジング。

「日本人しかダブル洗顔しない」は嘘!?

ダブル洗顔についての話になると、「ダブル洗顔をするのは、敏感肌の多い日本人くらいだ」という意見が多数でてきます。

その理由は、そもそも海外ではクレンジングと洗顔料が1つになったものが主流なので、ダブル洗顔をする必要が最初からないのです。

海外の人は日本人より皮脂量が多く肌が強いので、ダブル洗顔不要なクレンジングを使っていても肌トラブルの心配もありません。

ダブル洗顔をする方が肌に優しい!

ダブル洗顔やクレンジング剤が何かと悪者にされることもありますが、自分の肌に合ったクレンジング剤と洗顔料を使ってダブル洗顔をするのが一番肌に優しい方法です。

ダブル洗顔で肌が乾燥したりヒリヒリするのは、クレンジングか洗顔料のどちらかが肌に合っていないからで、決してダブル洗顔のせいではありません。

また、クレンジングを選ぶ時は、落ちにくいポイントメイクが落とせるかどうかで選ぶのではなく、ポイントメイクには専用のクレンジングを使うのが基本です。

肌の乾燥や刺激が気になる場合は、目元・口元はオイルやリキッドなどの洗浄力が強いクレンジング剤を使って、その他の部分は洗浄力がマイルドなクリーム・ミルクタイプのクレンジングを使うなど、部分によって使い分けをするのがおすすめです。

Writer / ニヒラユウ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村