美容・コスメ- BEAUTY&COSMETICS -

乾燥肌の正しい化粧直し!カサカサ・粉吹き肌による化粧崩れの直し方

冬の季節、大人の女性の肌は乾燥しがちですよね。

メイク仕立てはうるおいとツヤのあるキレイな肌でも、時間がたつにつれてカサカサ・粉吹き肌になってしまいます。

乾燥肌用の化粧直しアイテムはたくさんありますが、自分の肌に合うかどうかは使ってみないとわからないし、いちいち買うのも面倒くさいって思っちゃいますよね~。

乾燥肌には、難しいテクニックや高価なアイテムは必要なく、普段使っているメイク道具で簡単に対策できる化粧直し方法があるのです。

そんなカサカサ肌を、ちょっとした工夫であっと言う間に女子力の高いしっとり肌にしてくれる、乾燥肌の正しい化粧直しのやり方とコツをご紹介します!

乾燥肌をしっとり肌にする化粧直しの仕方

部分的な乾燥が気になる時は、乳液を使う方法がオススメ

乾燥が気になる部分に、乳液を指先でなじませてベタつかなくなったら保湿完了!

仕上げにフェイスパウダーか、パウダリ―ファンデを薄くのせればメイク仕立てのしっとり肌になります。

目尻やほうれい線など部分的な乾燥が気になる時におすすめの方法です。

乳液だけでは乾燥をカバーしきれない時は、乳液の代わりに保湿力が高いクリームを使うと、よりしっとりした仕上がりになります。

乾燥肌にクリームを使う時は、温めることがポイント!

まず最初に、テカりが気になる部分や、皮脂でファンデがヨレている部分をティッシュオフしておきます。

以前、秋の乾燥肌対策の記事でご紹介しましたが、この時に油取り紙を使うと皮脂を取りすぎてしまうので、ティッシュで軽くふき取る程度でOKです。

余分な皮脂をオフしたら、パール1粒~2粒程度の量のクリームを、手の平に広げて軽く温めます。

クリームを温めることで冷えて固まったクリームが柔らかくなって伸びやすくなる上に、浸透力がアップして保湿力も高くなるので、このひと手間が大切です!

クリームが温まったら、顔全体を包みこんで保湿していきます。

クリームが馴染んでベタつなかくなったら、仕上げにフェイスパウダーかパウダリ―ファンデを薄くのせて完了です。

顔全体を保湿したい場合、テクスチャーがゆるい乳液だとメイクが崩れてしまう可能性が高いので、乳液よりテクスチャーが固いクリームの方が適任です。

シミやニキビ跡にはコンシーラーをプラス!

シミやニキビ跡などカバーしたい部分がある時は、ファンデを厚塗りするのではなく、化粧直しの時にコンシーラーをプラスしましょう。

乳液やクリームをなじませて肌を保湿させた後、気になる部分にコンシーラーでカバーしてから仕上げのパウダーをのせていきます。

保湿してからコンシーラーを使うことで、コンシーラー単体で使うよりも自然でキレイな仕上がりになっておすすめの方法です。

小じわやほうれい線はハイライトを使う

パール入りハイライト

商品詳細:rakuten.co.jp

乾燥していると余計に気になるのが、

  • 小じわ
  • ほうれい線
  • 皮膚のたるみやくぼみ(影)
  • 毛穴の開きや目立ち

などなど、年齢を感じさせてしまうこんな肌トラブルの状態ですよね。

隠したい部分があると、ついついファンデやコンシーラーで厚塗りしてしまいますが、厚塗りすればするほどシワや毛穴に入り込んで目立たせてしまいます。

シワやほうれい線、皮膚のたるみによる影を上手に隠すには、ハイライトを使うのがおすすめです。

できれば細かいパールが入っていて、さりげなくキラキラしたツヤをアップさせてくれるようなタイプのハイライトだと高い効果があります。

ハイライトが肌を明るく見せることでシワやたるみでできる影を消してくれて、パールが入っていれば反射によって隠したい肌のアラを見えにくくしてくれます。

アイカラーパレットをお使いの方は、パレット内のハイライトカラーやニュアンスカラー(淡い黄色系やピンク系なら肌なじみがいいのでハイライトとして使っても違和感がないです)で代用してもOKです。

目の周りや小鼻などの細かいところは、乳液を馴染ませた綿棒を使うのがおすすめです。

崩れていないところまで乳液やクリームが付くのを防ぐことができ、指先を使うよりもキレイに仕上がります。

シワに入り込んでしまったファンデや、皮脂崩れでヨレてしまったファンデを取り除く時も、乳液を馴染ませた綿棒があると簡単にオフすることができます。

また、乳液やクリームにたくさん含まれている油分や、アイメイクの滲みをふき取る時にも便利なおすすめアイテムです。

こんな化粧直しはNG!乾燥肌を悪化させる化粧直しとは?

化粧水のミストを吹きかけるだけ

外出先でメイクの上からでも、シュッと吹きかけるだけのミストタイプの化粧水は、手軽な保湿アイテムですよね。

しかし、ただ単に化粧の上から化粧水のミストをシュッシュッと吹きかけるだけでは、余計に乾燥してしまうのです。

水と水はくっつく性質があり、ミストの水分が角質層や肌内部にある水分とくっついて蒸発し、ミストを吹きかける前よりも肌が乾燥しやすくなってしまいます。

もしミストを使う場合は、ミストを使った後に乳液やクリームなどで油分の膜を作って水分が蒸発しないようにしてあげてくださいね。

乾燥肌に直接ファンデの厚塗りをする

冬用のファンデーションや、リキッドファンデはしっとりした質感で保湿力が高いように見えますが、乾燥した肌に直接ファンデをぬってもカサカサや粉吹きが目立つだけです。

さらに、シワや毛穴にファンデが入り込んで強調されてしまい、化粧直しをしたのに余計に肌が汚くなってしまうことも…。

ファンデを重ねる前に、必ず乳液やクリームで肌を保湿してからファンデを薄く重ねるようにしてください。


乾燥肌のための化粧直しの方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今使っているアイテムでできる方法ばかりなので、乾燥が気になる時はぜひ試してみてくださいね。

ただし、あまりに乾燥がひどい場合は、基礎化粧品と肌の相性が悪いか、下地とファンデの相性が悪い可能性が高いので、そちらを見直すことも忘れずに。

特に昔からずっと同じ基礎化粧品やファンデを使っている場合、年齢とともに肌が乾燥してきて、化粧品が合わなくなってきているのかもしれません。

そのまま放っておくと乾燥が悪化して、小じわや肌のたるみなどの年齢肌や、炎症や毛穴つまりなどの肌トラブルにつながるので、保湿力の高いアイテムを試してみることをおすすめします。

Writer / ニヒラユウ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村