恋愛・結婚- LOVE&MARRIAGE -

結婚する前にしておこう!既婚女性に聞いた独身時代にすべき5つのこと

「早く結婚したいけど、相手がいない!」「相手はいるけど、決断してくれない!」ということありますよね。

ただ、いざ結婚となると「結婚前にしなきゃ!」「独身時代にすればよかった!」と後悔することも多いようです。

今回は、既婚者女性に聞いた「独身時代にすべき」5つのことをご紹介します!

1. エステに通うこと

「ブライダルエステしたい!と彼に言ったら、金の無駄!と怒られた。結婚したらお金は共有財産。独身時代にちゃんとしておけば…」(27歳)

「すね毛が凄いママ友がいる。子育て中は一切自分のことなんてできないので、早めに脱毛していてよかった!」(33歳)

どうせなら素敵なウェディングドレス姿を見せたいとブライダルエステに通いたい人もいるようですが、中には婚約者とお金の使い方でトラブルになってしまう人も!

また、妊娠中や子育てなど子供を授かると、時間的にも金銭的にもエステに通えなくなるので、独身のうちに済ませるのがベスト!

2. 保険・貯金を見直すこと

「投資をしてお金を増やしていた友人。結婚資金も家も、投資などでカバーできたとか…お金の勉強は独身時代にすべきだった!」(35歳)

「保険で安心していたが、実際には全く使わないものだった。年間で数万単位無駄にしていたので、もっと早く保険を見直ししていれば…と後悔」(26歳)

結婚式など安くて15万~と言われていますが、大きなイベントのため「あれもこれも」と追加料金などで結局100万ほどかかるカップルも。

そんな時、「あの時無駄遣いしなければ!」「あの時、投資やっていれば!」とお金で後悔する女性はかなり多いようです。

3. 彼と二人きりの時間を過ごすこと

「結婚後、彼の両親と同居したことで二人きりの時間が減った。デートしたくても、『家のことはやったの?』『私たちも行こうかしら?』でマジ疲れる」(30歳)

「子供が生まれてから、全てが子供中心。親に預けてデートしたいけど、周りから『子供を置いて!?』『預けてまでデートしたいの!?』とバッシングが…」(38歳)

新婚生活はラブラブで順風満帆!なんてイメージしている人も多いでしょう。

しかし、現実は仕事や家事、子育てや義父母との関係などで彼と二人きりになれるチャンスが減っていくこともあるので、結婚前だからこそできるプチ旅行など二人きりを満喫して!

4. 子育てプランをチェックすること

「結婚後、不妊だと知った私。生理不順を放置していた自分に腹が立ちます」(24歳)

「早く子供が欲しかった私と今はまだと言っていた元旦那。結局、子供を授かることなく結婚5年で離婚。結婚前に子供は欲しくないって聞いていれば…」(37歳)

将来、子供が欲しい!という人もそうでない人も、まず産婦人科で定期検診すること、ブライダルチェックをすることをオススメします。

早めの検査は子宮系の病気の早期発見にも繋がります!

また、「結婚したら考えが変わるかも」と子供が欲しいか欲しくないかを曖昧にしていると、夫婦の将来設計に食い違いが出てトラブルや離婚なんてことにもなるので要注意!

5. 彼と話し合う時間を設けること

「とにかく結婚したくて、色々自分を誤魔化してしまった。けど、ちゃんと話し合わなかったせいで、親と同居しなくちゃいけなかったり私の貯金を義父の借金返済に使われたり…今も話し合いを避ける夫のせいでトラブルばかりです」(32歳)

「同棲当初から ”二人のルール” を決めていたので、物事を決める時も話し合いも喧嘩なくできました!結婚した今も、あのルールのおかげでラブラブですよ!」(29歳)

彼に嫌われたくない、考えの違いで喧嘩別れしたくないなどの理由から、話し合うことができないカップルも実は多くいます。

ただ、その状態を放置してしまっては夫婦間のトラブルも解決しないどころか悪化してしまうので、今のうちに話し合う時間を持ち、また話し合いのルールを設けてみるのも良し!


いかがでしたか?

「あの時こうしておけば!」と後悔しないよう、今回の既婚者アドバイスを参考に早速行動しましょう!

Writer / 雪乃 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村