健康・ダイエット- HEALTH&DIET -

抜け毛が増えてきた!女性の髪の毛が抜ける原因は「ライフスタイルの乱れ」かも

「抜け毛」「ハゲ」「薄毛」というと、「男性の悩み」といったイメージを抱く人が大半なのではないでしょうか。

女性は脱毛に気を配ることはありますが、男性ほど髪の毛の少なさや薄毛やハゲに悩むことはあまりありません。

特に、若い頃ならばなおさらです。実際、男性の方が女性に比べて圧倒的に薄毛になる割合が高いのです。

しかし、女性にも「抜け毛」は起こり得ます。急に抜け毛が増えた場合は、「ライフスタイルを見直せ」という警告なのかもしれません。

今回は女性の抜け毛の原因をご紹介します。

抜け毛は、健康的な人にも起こりうる

「抜け毛」は誰にでも起こることです。人間の体は新陳代謝を繰り返しますから、その過程のなかで成長が終わり、退行期を迎えた髪の毛は抜け落ちていきます。

抜け毛が特に多いのはシャンプーのときです。

髪の毛に刺激を与えるために抜けてしまう毛もあるでしょうし、すでに抜けてはいたけれどもほかの髪の毛に埋まって落ちてこなかった毛が落ちてくることもあります。

そのため、シャンプーのときの抜け毛の多さにぎょっとする人もいます。

1日に抜け落ちる毛の本数の平均については個人差が非常に大きくて、また全ての抜け毛をチェックすることは難しいので一概に言い切ることはできません。

「50本~250本程度は正常範囲内だ」とする声もありますが、これも一つの意見であって唯一絶対の「正解」ではないのです。

このような事実から、「抜け毛の本数」自体はそれほど気にしなくてもよいと思われます。

ただ、「今まではクシを通してもこんなには抜けなかった」「分け目のあたりが、目に見えて薄くなってきた」というように、「今までの自分」と比べて異常が起きたのであれば原因を考えることは重要です。

女性の薄毛と男性の薄毛の原因は違う

女性にも男性にも薄毛は起こり得ますが、女性の場合と男性の場合では「原因」が大きく違います。

抜け毛が起こる理由はさまざまですが、男性の場合は「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれる症状がほとんどです。

男性ホルモンが変化してできた「ジヒドロテストステロン」が、発毛・育毛を妨げ、薄毛が進んでいきます。

女性の場合でも、このような「男性型」の抜け毛が起こることがありますが、男性に比べて男性ホルモンの量が少ないため、その進行は途中で止まる可能性がとても高いと言われています。

男性のように、「薄毛が進んで、髪の毛がまったく無くなってしまった」というようなケースは女性にとって非常にまれでしょう。

では女性の髪が抜けてしまう原因とは何でしょうか?女性の髪が抜けてしまう原因には以下の4つがあると言われています。

1. ホルモンバランスが乱れている

女性の場合も加齢によって抜け毛が増えることはあります。

しかし、若い世代(20代~30代)の抜け毛は「加齢」によるところは少なく、ホルモンバランスの乱れなどによって起きることが多いと言われているんです。

ホルモンバランスの乱れは、特に妊娠~出産時によく起こります。

妊娠時は女性ホルモンが増加するのですが、産後は急激に下降していきます。

女性ホルモンが少ないと薄毛になりやすいため、出産の時期には抜け毛が増えるのです。

ただし、このような「出産後の抜け毛」は数か月で落ち着くのが普通で、あまり心配はいらないでしょう。

逆に言えば、妊娠~産後の時期ではないにも関わらず、ホルモンバランスの崩れが原因で抜け毛が増えているといったケースでは治療が必要になってきます。

2. カラーリングやパーマで髪を痛めている

女性の場合、社会に出た後も男性に比べて髪型に自由がききます。

髪の毛を茶色く染めていたり、パーマを当てていたりする人も多いのではないでしょうか。

現在は髪の毛や頭皮に負担をかけないように気を配って開発されたカラーリング剤やパーマの方法がありますが、それでも「何もしていない状態」に比べれば、髪の毛や頭皮に負担がかかるのは確かです。

特に、短期間で何度もカラーリングをしたり、パーマをかけまくったりすると髪の毛や頭皮に与えられるダメージは大きくなります。

アラサー世代にはいないと思いますが、昔は「オキシドール(過酸化水素水)」を髪の毛にかけて脱色するという方法が取り上げられていましたね。

このような方法で脱色した髪の毛は細くなり、とても切れやすくなりました。

オキシドールを直接かけて脱色するケースは極めて特殊な例ですが、カラーリング剤にはこの過酸化水素が含まれています。

そのため、カラーリング続けることにより髪の毛が細く、頼りなくなる危険性があるのです。細い髪の毛は刺激に弱いですし、髪の毛を薄く見せることになってしまいます。

3. ストレスが溜まっている

「ストレスによって抜け毛が増える」というのは男女で共通した原因です。

ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れます。この結果として薄毛になることがありますし、自律神経も狂わせてしまいます。

さらにストレスがたまりすぎると、髪の毛を育てる毛母細胞(もうぼさいぼう)に栄養がいきわたらなくなります。

ストレスは万病の元と言われていますが、髪の毛にも悪影響を及ぼすのです。

4. 極端な食事節制をしている

女性のなかには、過激なダイエットに取り組んでいる人もいます。

適度なダイエットや体重管理は健康に対してよい影響を及ぼしますが、「食事の量を大幅に減らす」「食事はサプリメントだけ」といった形での極端なダイエットは栄養が減り、健康や美容を大きく損ねてしまいます。

入ってくる栄養の量が少ないとき、人間の体は限られた栄養を行きわたらせる先を制限し、人間が生きていくうえで絶対必要な脳や臓器に限りある栄養を分配するのです。

髪の毛は、生きていくうえで絶対に必要なものではないため、髪の毛に渡す栄養は「節約」されます。

その結果、髪の毛に十分な栄養が渡らずに育たなくなってしまうのです。

また、栄養は赤血球によって運ばれますが、赤血球がうまく働いていないと体のなかに栄養があっても髪の毛を育てる細胞が受け取ることができません。

そのため「血行を良くすること」が抜け毛対策には重要です。睡眠不足や喫煙のくせがある人はそれを改めなければなりません。


女性の薄毛は、男性ほど悪化することはなくて食い止めることも容易です。

抜け毛が増えてきたということならば、一度自分のライフスタイルを見直しましょう。

Writer / 鍋谷萌子 にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村