ライフスタイル- LIFE STYLE -

コミュニケーションを取るのが苦手な人でも好印象を与える5つの方法

人とコミュニケーションをとる時「第一印象を大切に!」とよく言われますが、どうしても笑顔が引きつってしまったり、上手な相槌ができなかったりしますよね。

特に男性の前ではより緊張しちゃって、カチカチに固まってしまう女性もいるのではないでしょうか?

誰でもいきなり印象を良くするのは難しいものです。

今回は、コミュニケーションを取るのが苦手な人のために印象アップの方法を5つご紹介します。

1. 眉間にしわを寄せないこと

あなたが誰かと顔を合わせた時、相手が眉間にしわを寄せて細い目で見てきたら少し怖いですよね。

たとえ怒っていなくても眉間にしわが寄っていれば、相手に威圧感を与えてしまいます。

また、眉間にしわを寄せることで自然と目が細くなってしまうので、怖さ倍増です。

鋭い目つきでどれだけ良いことを話しても、相手には悪い印象しか残らないでしょう。

まずは眉間にしわが寄らないように注意しましょう。それだけでも表情はかなり和らぎます。

慣れてきたら、いつもより目を少し大きめに開くと好印象なりますよ。

2. 微笑むことを心がけよう

「印象アップで大事なのは常に笑顔でいること!」とはよく言われますが、いきなり自分が常に満面の笑顔でいると自分でもちょっと不気味に感じてしまいますよね。

笑顔が苦手な人は軽く微笑む程度から始めてみましょう。

自然な微笑みを作るコツは、口角に力を込めてキュッと上に上げることです。

口角を上げるだけでも、顔全体が優しい表情になります。

慣れていない人はいつも微笑むのではなく、少しづつ回数を増やしていって慣れていきましょう。

例えば「目が合った時だけニコッとする」のでも、印象はかなり良くなって人間関係が円滑になります。

外国人とよく出会う人なら経験があると思いますが、海外では相手に敵意がないことや不快感を与えないために、「目が合った時はニコッとしよう!」という意識が根付いています。

目が合った時にニコッと微笑むだけなら、常に笑顔でいようと努力するよりも簡単ですし、男性をドキッとさせる効果もありますよ。

3. 良い聞き手になろう

コミュニケーションには必ず話し手と聞き手がいますが、「話すのが苦手・・・」という人は結構多いのではないでしょうか?

そんな方は良い聞き手になることを目指すと良いかもしれません。

良い聞き手とは、相手の話を集中して真剣に聞けて、気分よく最後まで話してもらえるよう気配りが出来る人です。

話を聞く時、相手の目を見ることや相手に体の正面を向けることはもちろん大切ですが、相手に集中して話をしてもらえる環境を作ることも重要です。

例えば、相手の話を聞くときに「携帯をマナーモードにしていない」「手に持っているボールペンをカチカチと鳴らしている」ということはないでしょうか?

携帯の着信音やペンの音は、話し手の集中を途切れさせる原因になります。

途中で話す気力を失えば「この人と話しているとストレスが溜まる」と印象ダウンに繋がってしまいます。

良いコミュニケーションとはお互いが会話に集中していること。

自分だけなく相手もしっかり会話できるように、集中して会話できる環境づくりを心がけたいですね。

4. むやみに相槌を打たない

相槌上手は聞き上手と言われるほど、聞き手にとって相槌を打つということは重要な事です。

しかし、相手が言葉を発するたびに「うん!うん!」と相槌を打っているとさすがに怖がられますよね。

相槌を入れるタイミングは句読点を意識すると良いでしょう。

読点(、)の時は「うん」「はい」などのワンフレーズの相槌をして、句点(。)の時は「うん、美味しそうだね」「ええ、素晴らしいですね!」といった一言付け加えた相槌だと会話が盛り上がりやすくなります。

相手の話の骨を折らないように心がけて、様々なパターンの相槌を打てばスムーズに会話することが出来るでしょう。

自分から話すのが苦手でも、相手が「話しやすい!」思ってくれれば印象アップになりますよ。

5. 他人の話し方をよく観察しよう

人と話している時に「…あ!この人なんだか話しづらいな」とか、反対に「この人には何でも話せる気がする!」と思うことがあるでしょう。

どちらにせよ人の会話をよく観察することは、印象アップの方法を見つけだすのに大いに役立ちます。

例えば気分が悪くなる会話の方法を知れば自分はしないように気をつけることができますし、良い会話を知ると話を盛り上げることができます。

身近な人だけでなくて、憧れの芸能人の話し方を真似してみるのも良いかもしれませんね。

真似ができるようになってくれば、同じ芸能人を好きな人から好印象を持たれやすくなります。

本で学んだ知識を実践するのも大切ですが、日常生活で実際に経験したことを真似するほうが遥かに身につきやすいです。

まずは周囲を観察することから始めてみましょう。


いかがでしたか?

いきなり大人数とコミュニケーション取ったり、常に笑顔を心がけて印象アップしようとすると、無理が大きな反動となってあなたを余計追い詰めてしまいかねません。

少しずつ「できることから」挑戦するのが一番です。

「今日は目が合った時にニコっとすることを意識しよう」など、1日の目標を立てると挑戦しやすくなりますよ。

Writer / 雪乃(編集:女子力アップNOTE編集部) にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村