健康・ダイエット- HEALTH&DIET -

痩せられないのはアミノ酸不足が原因!?30代女子のダイエットはアミノ酸が必須!

30歳を境に前と同じスタイルをキープできなくなったり、今までと同じダイエット方法で効果を感じられなくなったことに悩む女子は多いのではないでしょうか?

私の周りのアラサー女子たちからも「食事も運動も昔と変わらないのに太ってきた」「ダイエットしているのに痩せない」といった悩みをよく聞きます。

なぜ、多くの女子たちが30歳以降で急に痩せにくさを感じるようになるのでしょうか?

その理由は、私たちが1日に消費するカロリーの大部分にあたる「基礎代謝」の低下に原因があります。

今回は、30代女子のダイエットには欠かせないアミノ酸の効果をご紹介します。

30代女子特有の痩せにくさは基礎代謝量の低下が原因

基礎代謝は生命維持に必要なエネルギー

基礎代謝とは、生きるために最低限必要な内臓の働きや体温を保つ機能を維持するために使われるエネルギー(カロリー)のことです。

生命維持に必要なエネルギーなので、寝ている時でも常に消費されており、基礎代謝量が多ければ多いほど消費エネルギ―も増えて痩せやすい体になるというわけです。

10~20代の時は細胞も若く代謝も活発で、好きなように食べて遊んでいても勝手にエネルギ―が消費され、それほど太らずに済みます。

また、代謝が良いのでダイエットの結果もすぐ実感できるのです。

しかし、20代の頃はまだまだ若いと思っていても、細胞の老化は20歳からすでに始まっています。

どれだけ不規則な生活や栄養バランスの乱れた食事をしても太らないからと怠けていると、細胞の老化が目立ち始める30歳頃から一気に太りやすさを実感するようになってしまいます。

30代以降で基礎代謝が減るのはなぜ?

成長ホルモンの分泌が終了し始める20歳を境にして、基礎代謝量は徐々に減少を始めます。

[年代別基礎代謝量の基準値]

  • 15~17歳…1,270kcal
  • 18~29歳…1,180kcal
  • 30~49歳…1,140kcal

参考:厚生労働省

厚生労働省が運営するe-ヘルスネットでは、年代別の基礎代謝基準値として以上のような数字を挙げており、10代と30代では130kcalも基礎代謝量が違うことがわかります。

130kcalというと、茶椀1杯分のご飯のカロリーと同じくらい。

これが毎日続くと、30日×130kcal=3,900kcalにもなり、日本人の成人女性の2~3日分の摂取カロリーと同程度になってしまいます。

7,800kcalで1kg増えるとされているので、2か月ごとに1kgずつ増えていくという計算に。

10代の頃と全く変わらない生活をしていても、体の老化によってこれだけ体重が増えやすくなっているのです。

さらに、以下のような体質や生活習慣も基礎代謝量を低下させる原因です。

筋肉不足

筋トレ

基礎代謝を支える欠かせない部分が筋肉です。

元から筋肉量が少ないタイプの方や体力や筋力の低下を自覚している方は、筋肉不足からくる基礎代謝量の低下が考えられます。

生活内容の変化

学生時代は運動部に所属して活発に行動していたけれど、社会人になってからデスクワーク続きで運動をしていなかったり、結婚や出産をきっかけに運動する機会が減ってしまったという方も多いですよね。

運動量が減ると筋肉も衰え、基礎代謝量はどんどん低下していきます。

不規則な生活

睡眠や食事の時間がバラバラな不規則な生活を続けていると、集中モードの交換神経とリラックスモードの副交感神経のスイッチの切り替えが上手くいかなくなり、だんだん疲れがたまっていきます。

すると、疲れを癒すために副交感神経が優位になって内臓の働きも低下し、体全体を休めるモードに入って基礎代謝量も低下します。

栄養バランスの乱れ

基礎代謝をアップするためには、エネルギ―の元となる栄養素が必要不可欠。

さらに、その栄養素を全身のすみずみまで行きわたらせるには血行の良さも欠かせません。

栄養バランスが悪いとエネルギ―の元となる栄養素が足りない上に、血行不良で栄養が行きわたらず代謝活動が行えずに基礎代謝量が下がってしまいます。

加齢だけでなく上記のようなトラブルを抱えていると、さらに基礎代謝は低下していきます。

ダイエットも基礎代謝量低下の原因になる!

過度な食事制限によるダイエットは栄養バランスの乱れだけでなく、代謝に必要なカロリーすら食事から摂取できていないという状況に陥りやすいです。

基礎代謝量は生命維持のための必要最低限のエネルギ―のことで、それを行うためのエネルギ―がなければ命を守るために強制的に働きを低下させ、基礎代謝量を低下させてしまいます。

真っ先に機能を体かさせられるのが、たくさんのエネルギーを必要とする筋肉です。

筋肉が減ると基礎代謝量が低下、さらに脂肪を支えることができずにお肉が垂れさがりしまりのないだらしないスタイルになってしまいます。

痩せてキレイになるためにがんばっている食事制限が、基礎代謝量の低い痩せにくい体質やゆるんだスタイルを作る原因となる可能性があるのです。

基礎代謝量をアップすることが痩せやすい体質への第一歩

アミノ酸を摂取して基礎代謝量アップ

アミノ酸は私たち人間の体を構成するタンパク質の元となる栄養素で、細胞・肌・髪・筋肉・内臓などさまざまな場所にアミノ酸が使われています。

全20種類のアミノ酸のうち以下の5つのアミノ酸は筋肉の成長や維持をサポートし、基礎代謝量をアップさせて痩せやすい体を作ってくれるのです。

  1. バリン
  2. ロイシン
  3. イソロイシン
  4. メチオニン
  5. リジン(リシン)

これら5つのアミノ酸は体内で合成することができない「必須アミノ酸」なので、普段の食事やサプリメントなどで補うことが大切です。

アミノ酸を多く含む食べ物

お肉
お肉、お魚、卵、大豆などの豆類にアミノ酸が多く含まれています。

これらの食物に含まれるのは正しくはアミノ酸ではなくタンパク質で、胃腸で消化されアミノ酸になり体内に吸収されタンパク質を合成する仕組みです。

アミノ酸を多く含む食べ物には脂質の多いものもありますが、低カロリーな鶏むね肉やささみ、高たんぱく低脂質な豆類を選ぶことでカロリーや脂質を抑えることができます。

ダイエットサプリでアミノ酸を手軽に摂取

サプリメント
アミノ酸が基礎代謝量をアップさせるという働きに着目し、上で紹介した5つのアミノ酸を配合するダイエットサプリも多く販売されています。

通常、タンパク質が胃腸でアミノ酸に分解されてから体内に吸収されるという手順を踏みます。

サプリメントはすでにアミノ酸にまで分解された状態なので、摂取することで体内への吸収率がアップし、お肉やお魚を食べるより即効性があり変化を実感しやすいとも言われています。

忙しくて食生活にまで気を使えない方や、手軽にアミノ酸を摂取したい方は、アミノ酸サプリを利用してみてはいかがでしょうか?

アミノ酸はダイエット中の筋力低下や疲労感にも効果あり

気になるお肉を落とすためには食事制限も必要です。

筋肉を増やせば基礎代謝量がアップし痩せやすい体になりますが、体に付いてしまった脂肪を燃焼させるには食事制限をして蓄積された脂肪を使うように促してあげないとけません。

アミノ酸は筋肉疲労を回復し筋肉を強くさせる働きもするので、ダイエット中にありがちな栄養不足による筋力低下や疲労感を予防してくれます。

アミノ酸を摂取すれば髪や肌のハリツヤを維持しながらダイエットできる

ダイエット中にありがちなトラブルと言えば、栄養不足やダイエットによるストレスからくる肌荒れや髪質の変化などもあります。

ストイックなダイエットで体重は減ったけれど肌や髪がボロボロになり、痩せたというよりやつれたような結果になった経験のある女性は多いのではないでしょうか?

アミノ酸は肌や髪の元にもなる成分で、ダイエット中によくある肌荒れや髪の痛みを予防して、ハリツヤをキープしながらキレイにダイエットができます。

30代女子のダイエットにはアミノ酸を取り入れて!

30歳を境に急にやってくる「痩せない」の原因と、痩せにくさを解消するために欠かせないアミノ酸についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

30代女子はさまざまな体の変化をじわじわと実感する時期です。

何をやっても痩せないのに疲れてうんざりしてしまう気持ちもよくわかりますが、不足しがちな成分を補うことで痩せやすい体を作ることができるので、諦めずに元気でキレイな大人女子を目指しましょう。

Writer / ニヒラユウ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村