恋愛・結婚- LOVE&MARRIAGE -

目指すのはモテる女より「いい女」!大切な人に選ばれる為に習慣づけたい事

モテ仕草・モテ本・モテるための恋愛ハウツー・・・

「モテる女」になる為のさまざまな情報が、世の中には溢れていますよね。

でもそれって、一体誰にモテるための情報なのでしょうか。

不特定多数の、その他大勢の誰かにモテても、たったひとりの大切な人に好きになってもらえなければ意味がないと思いませんか?

今回は、不特定多数にモテる女ではなく、たったひとりに愛される「いい女」になる為に習慣づけたい事をご紹介します。

情報に振り回されず、「なりたい自分」を貫きましょう

あなたがもし、「”自分”という人間を愛し、理解し寄り添ってくれる、たったひとりの男性に巡り合いたい」と思っているのなら、情報に振り回されるのはやめましょう。

「とりあえずたくさんの男性に好かれたい!」と言うのであれば話は別ですが・・・

例えば、「物静かで男性の後ろを三歩下がって着いてくるような女性がいい!」と、ある女性誌に書かれていたとします。

しかし今度はテレビで「今、グイグイ男性を引っ張っていく姉御肌が熱い!」と特集されていました。

「まったく真逆じゃないの!どうしたらいいの?」と、混乱してしまいますよね。

人によって、「いい女」の定義は違うものです。

家庭的な女性がいい女だと思う男性もいれば、バリバリ働いているキャリアウーマンがいい女だと思う男性もいます。

我儘な子が好きという男性がいれば、従順な子が好きという男性もいるのです。

よく「好きになった男性の好みに合わせて自分のキャラも変える」という女性がいますよね。

しかし、相手に合わせて作り上げたキャラクターは、いずれ崩壊します。

大事なことは、「自分にとってどんな女性がいい女なのか」「自分がどうなりたいか」です。

自分がこうありたい、という女性像に近づくよう努力をしていく中で、そんなあなたを好きになってくれる男性が必ず現れるでしょう。

モテる女は、相手に合わせることが上手 ⇒ たくさんの男性に選んでもらえる。

いい女は、男性に媚びることをしない ⇒ あなたの本質を好きな男性が残る。

モテる女といい女の違いは、こういうところです。

自分にとって何がベストなのかを知りましょう

身体のラインを強調するファッションで、ハイヒールの踵を鳴らして颯爽と歩く女性が「いい女」なのか。

はたまた、凛と背筋を伸ばし着物姿が見目麗しい大和撫子が「いい女」なのか。

すべてがそうとは限りません。

清潔感があるファッションであることは大前提ですが、「自分にとって何がベストか」を知ることはとても大事なことです。

どんな髪型・どんなメイク・どんなファッションが自分らしく、しっくりくるかどうか。

「いい女」と言われる人たちは皆、流行を追うだけではなく自分にとってのスタンダードスタイルをよく理解しています。

とは言っても、自分に何が似合うのかを、自分だけの力で知るのは、なかなか難しいことだと思います。

そういうときは、友達やプロの意見を取り入れてみましょう。

  • いろんなジャンルのファッションを試してみる。
  • 美容師さんに、どんな髪色でどんな髪型が似合うのか聞いてみる。
  • メイク雑誌を買い込んで、自宅でいろんなメイクに挑戦してみる。

このように試行錯誤する中で、自分が一番「しっくりくる」「素敵」「似合っている」と思うものが、あなたらしい「いい女」のスタイルです。

無理をせず、自分らしいライフスタイルにしてみましょう

見た目の「自分らしさ」を知ることも大切ですが、ライフスタイルも同じくらい大切です。

実は飲み会の席が嫌いだったのに毎回無理をして参加していたとか。

マリンスポーツが好きなのに日焼けしたくなくて我慢していたとか。

ストレスを隠して無理をしていると、どことなくオドオドした、卑屈な雰囲気が漏れ出てしまいます。

ハッキリ「飲みに行けません」と断れるあなたのことをカッコいいと思う男性もいるかもしれません。

活発な女性に魅力を感じ、日焼けしている肌が好きな男性だっています。

無理をなくして、自分が好きなことを我慢せずに活き活き暮らせる環境を整えてみましょう。

そうすることでストレスも減って、自然な笑顔がこぼれるようになってきます。

「病は気から――」という言葉のとおり、ストレスを多く抱えた生活や乱れた生活リズムを続けているとお肌や体調に影響を及ぼします。

生活環境を見直して、ストレスフリーな環境に自分の身を置くことも、「いい女」への一歩です。

モテ仕草よりも人間性を磨きましょう

得意料理はなんですか?と聞かれたら「肉じゃがです」「トン汁です」と答える。

絶妙なタイミングでボディタッチをする。

返信はすぐにかえさず、しばらく時間を置く・・・

そんな恋の駆け引きを学ぶより先に、人間性を磨く努力をしましょう。

「目」「口」「耳」この3つを日常的に意識するようにすると、いい女への道がぐんっと近くなります。

【目】人に対する思いやり

周りをよく見て、気配りできる人になる

気配りとは、心づかい、配慮をするということです。

  • 自分の飲み物を頼む時、他に注文したい人はいないかテーブルを見渡してみる。
  • 遠いものを取ってあげる。
  • 退席する時は誰か忘れ物をしていないか確認してから出る。
  • 寒そうにしている人がいたらストールを貸してあげる。
  • 泣いている人がいたらハンカチを差し出してあげる。

自分のことばかりではなく、周りを見渡すことができる広い視野を持ちましょう。

気配りという言葉は、文字通り「気持ちを配る」ことです。

配るというと、チラシやポケットティッシュ配りなど手あたり次第なイメージがありますが、そこにきちんと思いやりの心があれば、配られた人たちは皆、悪い印象は持ちません。

むしろ好意を抱くことでしょう。

自分がしてもらって嬉しいこと、助かることをしてあげられる人になりましょう。

知らない人に対する気配りも
  • 電車やバスで老人や妊婦さんがいたら、席を譲ってあげる。
  • 駅のホームやレジなど、通行人の妨げになるような場所には立たない。
  • 自分が落とした物ではなくても、床に落ちている商品があったら商品棚に戻す。
  • 困っている人がいたら、なるべく声をかけて助けてあげる。

どれも、当たり前のようでなかなかできることではありませんが、スッと出来る人を見ると素敵だなと思いますよね。

社会人としての常識をわきまえていることも大切です。

【口】慎みと謙虚さ

当たり前の挨拶をきちんとする

ありがとう、ごめんなさい、いただきます、ご馳走様でした。

こんな当たり前の挨拶ですが、当たり前すぎてできていない人が多いのも事実です。

挨拶や感謝の気持ちは、その場ですぐに、きちんと口にするようにしましょう。

発言はよく考えてから、なるべくポジティブな言葉を使う

誰かと会話をする時、「こんなふうに言ったら相手はどう思うだろう。自分だったらどう思うだろう」と考えてから口にするようにして下さい。

良いと思ったことについては、恥ずかしいかもしれないけれど、とことん褒めましょう。

ネガティブな感情は、吐き出す前にいったん自分の中で噛み砕いてから、必要な時だけ口にするようにしましょう。

信憑性のない噂話や悪口を平気で口にしてしまう人は、信用されません。

たとえ自分発信ではなかったとしても、一緒になって悪口を言わないようにしましょう。

余計なことやマイナスなことはできるだけ口にせず、優しい言葉や美しい言葉をたくさん使うようにすれば、自分自身も周りもずっと気分がいいですよね。

また、綺麗な言葉遣いをすることも心掛けましょう。

【耳】コミニケーションは聞くことを大切にする

他人の意見を聞く

自分の意思を貫くことは大事ですが、他人の意見にきちんと耳を貸すことができる女性は、話しをする上でとても気持ちがいいものです。

たとえば誰かがあなたに相談を持ち掛けた際、「いやいや」「でも」「だって」と話しの腰を折るのではなく、「◯◯さんはそう思うのですね」「そういう考えもありますすね」と、きちんと一度飲み込むことができるだけで、印象はずいぶん違います。

せっかく相談を持ちかけたのに、否定ばかりされては「じゃあもういいや」と思われてしまいます。

相手の気持ちを汲み取り、きちんと聞く耳を持つことができるのが、大人の女性のモラルです。

一度言われたことを忘れない

前に話したことなのにも関わらず「それなんだっけ?」と言われたら、悲しいですよね。

「ああ、適当に話しを聞いていたんだな・・・」と、寂しい気持ちになります。

一度聞いた話は、忘れないようにしましょう。

適当に相槌を打つのではなく、ちゃんと話を聞く。真面目な話であればなおさらです。

前に聞いたことを覚えておいて、次に同じ話題が出た時に「それ、好きだって言ってたもんね」「前に話してたことでしょう?どうだった?」そんなふうに反応されたら、嬉しい気持ちになるはずです。


いかがでしたでしょうか?

ありのままの自分を好きになってもらいたいからと言って、「料理は出来ないのでしません」「掃除は嫌いなのでしません」「美味しいものが食べたいのでダイエットしません」というのは、「いい女」ではありません。

誰かの為に努力をするのではなく、「バランスのいい食事をとりたいので料理をする」とか、「健康のためにも掃除はする」とか、「綺麗な洋服が着たいからダイエットをする」など、自分のための努力は、決して忘れないようにしましょう。

一見、他人のための努力のように思えますが、なにもかも自分のためです。

地道な努力が自分という人間性を磨き、向上させるための土台となります。

「いい女」とは、常に向上心を持ち続ける、清く正しく美しくあろうとする人のことを言います。

自分という人間を愛してくれて、理解してくれて、寄り添ってくれる・・・そんな人に巡り会えるといいですね。

Writer / 逢見るい にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村